千葉ロッテマリーンズが2位でマジックを点灯させる

ロッテが2位で51年ぶりのマジック点灯

今日も野球の話題です。

千葉ロッテマリーンズは10月14日(2021年)の試合で首位のオリックスと対戦し、高卒2年目の佐々木朗希投手が6回無失点の好投でチームを勝利に導きました。

 

10月14日・オリックス戦『投打が噛み合う快勝で51年ぶりのマジック点灯』2021シーズン
2021-10-14(木)本日はオリックス・バファローズ戦ロッテは試合開始前時点で首位オリックスとのゲーム差が1.5となり、残り試合が3試合多いロッテは勝ちか引き分けでマジックを点灯させることが出来ます。オリックスとは今季レギュラーシーズン

野球の記事についてはこちらのブログでいつも書いていますが、ロッテが2位でのマジック点灯51年ぶりのマジック点灯をしたため日記として書き残しておきます。

 

「マジック」というのは、他の球団の勝敗に関わらず自分のチームの優勝までの勝利数を表すものです。

その必要な勝利数を「マジックナンバー」と言い、ロッテは10月14日終了時点でマジックナンバー「9」となっています。

 

このマジックが点灯すると、首位のオリックスがここから全勝をしたとしても、先にマジックを点灯させているロッテがこの後の試合を全て勝っていくことが出来れば優勝が決まります。

 

ロッテが2位ながらもマジックが点灯した理由は「残りの試合数が多いため」です。

首位を争っているオリックスに対してロッテは3試合多く試合を残していて、ロッテがその3試合を全て勝てれば1.5ゲーム差までひっくり返すことが出来る計算となります。

 

マジック点灯時の優勝ライン

そして、マジック点灯時点(10月14日時点)でのパリーグ優勝ラインはこのようになっています。

ロッテは残り10試合を9勝1敗以上の成績で戦い終えることが出来れば、他のチームの勝敗に関わらず勝率1位で優勝です。

 

ただ、まだこの時点ではどのチームが優勝するのか分かりません。

9勝1敗以上の結果を残してロッテが優勝するという確率は低いですし、3位の楽天が快進撃を見せて上位の2チームを追い越していく可能性もあります。

 

ロッテとしては51年ぶりに点灯したマジックを大切にして、残りの今季10試合を戦っていただきたいですね。

1つ負けるだけで流れが大きく変わることもあるため、目の前の試合を1つずつ取っていく気持ちで臨んでほしいです。

 

この優勝のチャンスを逃すわけにはいきません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました