10/22『気持ちが落ち込んでも』
今週の空日記へ

音声入力を使ってブログの記事を書くことで時間短縮できるのか?

Google音声入力ブログ関連

ブログに命を燃やしています!
どうも、あみさかです

 

今回は少し検証のような記事を書きます。

「音声入力でどこまで正確に記事を書くことができるか?」ということです。

ブログを書くにはパソコンからでもスマホからでも書くことができますが、音声入力で記事を書きあげることが出来れば腕にも手にも疲れが出ないで済みます

 

スマホでの音声の認識力も向上しているため、おそらく全然違う文章になってしまう恐れもないでしょう。

音声だけでいつも通りの記事を書きあげることができるのであれば、確実に作業が楽になるはずです。

そして今回は検証であり、音声入力だけで記事を一つ書き上げるわけではありません

 

調べてみたいのは、文章をどこまですらすら書くことができるかどうかということです。

そのため、まずは一度書く予定の文章を紹介してから、それを音声入力だけで全く同じ文を書きあげます。

どれくらい文章の読みやすさが変わるのかというのも比べてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

Google音声入力を使うための設定

まずは、音声入力ができるように準備を整えなければいけませんね。

今回は、手軽に記事を書くということでスマホから音声入力を行います

僕はアンドロイドユーザーでありiPhoneの設定やアプリが分からないため、アンドロイドのスマホでのGoogle音声入力の設定の仕方を紹介します

 

Googleの音声入力を有効にする方法は、まず「設定」の画面を開きます。

そこから「システム」を選択し、「言語と入力」「画面上のキーボード」選び、「キーボードを管理」から「Google音声入力」を有効にします

 

設定を有効にして、文字を打ち込むときの画面で

このようにキーボードが表示されるとともに、右下にキーボードのアイコンが出てきます(画像では赤い枠で囲んだものです)

ここをタップすると、画面上のキーボードの変更と出てくるのでGoogle音声入力を選びましょう。

 

そうすると、キーボードが音声入力に切り替わります。

これで、音声入力を使って文字を入力することができるようになります。

 

ただその音声入力を使えない場所もあり、「この項目ではGoogle音声入力を利用できません」と表示されます。

Googleの検索画面でも起こりますが、その場合は検索ボックスにマイクのアイコンがあるのでそこをタップすれば音声で検索をすることができます。

それ以外にもGoogle音声入力が対応していないことがあるため、音声入力が使えないときもあります。

そしてこのGoogle音声入力は音声入力の一例であり、他にも数多くのアプリがあるため自分の用途に合ったものを使いましょう

先に書いておきますが、Google音声入力では現時点で句読点や改行には対応していません

そのため、音声入力で書く文には句読点を付けまないまま文章を書きあげます

改行は自分で文を書く場所をタップして書いていくため、今回は問題ありません。

 

音声入力で書く予定の文章

音声入力で何を書くのかということですが、あまり複雑なことを音声入力で書くのは大変だと思うので、簡単に日記のようなものを書いてみようと思います。

音声入力で書いた文章と比較するために、まずはここにPCで普通に記事を書くようなスタイルで日記を書かせていただきます。

 

いつもnoteで日記を書いているため、ある日の日記を書き写してみます。

以下の文が、音声入力で書く予定の内容です。

 

こんにちは

何度か寝たり起きたりをくり返しながら雨の音を聞いていましたが、起きたときには外はもう小雨に変わっていました。

夜更かしをしてしまうだけであればそこまで大きな影響がありませんが、睡眠時間が伸びてしまうと活動できる時間も減ってしまいます

貴重な時間を無駄にするわけにはいきません。

自分を追い込んで常に万全な状態を保てるように、もう一度改めて生活リズムを見直します。

物事を長く続けるためには頑張りすぎもいけませんし、休みすぎもいけません。

マイペースなままで、これからも引き続きブログもnoteもTwitterも頑張っていきます。

それでは、また明日

 

音声入力だけを使って書いた文章

上に書いた日記と全く同じ文章になるように音声入力でこちらに入力します。

先ほども説明しましたが、句読点は使えません

太字などの字のレイアウトも変えず、音声入力で認識されたままのものを残しておきます。

以下の文が、音声入力で書いた文章です。

 

こんにちは

なんとか寝たり起きたりを繰り返しながら雨の音を聞いていましたが 起きた時には外はもう小雨に変わっていました

夜更かしをしてしまうだけであればそこまで大きな影響がありませんが 睡眠時間が伸びてしまうと活動できる時間も減ってしまいます

貴重な時間を無駄にするわけにはいきません

自分を追い込んで常に万全の状態を保てるように もう一度改めて生活リズムを見直します

物事を長く続けるためには頑張りすぎもいきませんし 休みすぎもいけません

マイペースのままで これからも引き続きブログもノートも Twitter も頑張っていきます

それではまた明日

 

思っていたよりも正確に読み取ってくれました。

大きな声で喋らなくても、ひそひそ声で認識してくれるのは大きなメリットですね。

句読点がないため、そこで文章を区切って話してみました。

 

そのため、句読点が入る場所には半角スペースが空いています

変換もほぼ間違いなくされていますし、細かいミスが3つだけです。

音声入力の認識能力は非常に高くなっていることが分かりました。

 

まとめ「音声入力のメリットとスピード」

音声入力はとても優秀でした。

ひそひそ声でも正確に読み取ってくれますし、おかしな変換が起こることもありませんでした。

外で音声入力は使えないと思っていましたが、小さい声でも問題なく聞き取ってくれるため大丈夫そうです。

スマホに向かって独り言を話している人に見られる可能性はありますが…

 

スマホのフリック操作やパソコンのキーボードよりも音声入力の方が全然速く入力できますし、PCでもミスタイプをする可能性はあるため少しの音声の認識のミスがあってもそこまで大きな問題ではありません。

見出しをつけたり、文字を太字にしたり色を変えたりというのを音声ではできませんが、句読点や改行ができないという問題も含めて手作業で簡単にできます

 

PCで文章を書いたとしても、最終的には間違いがないかチェックしなければいけないため負担は同じです。

文字を打つのには手の負担もありますし、下書きや原案を書くことに音声入力を使う方が効率的にも思えます。

 

記事を書く前は「キーボードで文章を打つ方が速いし正確に書ける」というまとめを考えていましたが、音声入力を見くびっていました。

確実に、音声入力の方が文字を入力するスピードは速いですね。

これからは頻繁に音声入力を使っていくことにします。その方が楽なので

 

それでは、今日がかけがえのない日となりますように…

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました