11/25『日記を始めて3ヶ月』
今週の空日記へ

ホットコーヒーには冷たい牛乳を入れた方がいいですし、絶対に美味しくなります

牛乳パック

美味しいコーヒーを飲むため命を燃やしています!
どうも、あみさかです

 

皆さんはコーヒーが好きですか?

僕は大好きです。

 

三度の飯よりコーヒーを優先するぐらいコーヒーに憑りつかれています。

  • 朝起きたらコーヒー
  • 朝食を食べながらコーヒー
  • お昼前のコーヒー
  • お昼ご飯とコーヒー
  • 午後のコーヒー
  • おやつタイムのコーヒー
  • 夕飯前のコーヒー
  • 夕食後のコーヒー
  • 寝る前のコーヒー

基本的に夕食を食べるとき以外は常にコーヒーを飲んでいます(夕食時は流石にお茶を飲みます)

 

それぐらいコーヒーが好きなのですが、どうしても一つだけ譲れないことがあります。

それは、コーヒーに必ず牛乳を入れて飲むということです。

「それだけコーヒーが好きなのであれば、コーヒーだけを飲んでればいいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、それは違います。

少しだけ牛乳を入れた方が絶対にコーヒーは美味しくなりますし、良い効果をもたらすと信じています。

 

なぜコーヒーに牛乳を入れるのかという理由を説明すると、第一にブラックコーヒーが飲めません

砂糖は全く要らないのですが、ブラックコーヒーは体が受け付けません。

ブラックの缶コーヒーが売っていたり、コーヒーに何も入れずに飲む人がいますが全く理解できません。

 

それに、コーヒーフレッシュ・ポーションミルク・クリープなどはあまり好きではありません。

コーヒーに一番合うのは間違いなく牛乳です。

牛乳を入れて、初めてコーヒーが完成すると僕は思っています。

ここまでは、個人的なコーヒーの好みの話になりましたが、それ以外にも牛乳を入れる理由はあります。

 

まず、猫舌の人がホットコーヒーを飲むために牛乳は必ず必要になります

ホットコーヒーはかなり熱い状態で出てくるため、そのまま飲むとちびちび飲むことしかできませんし、やけどをしたらせっかくのコーヒーの味が分からなくなってしまいます。

コーヒーフレッシュなどでは代用できません。冷えた牛乳が必要です。

 

そして、コーヒーに牛乳を入れて飲むことで栄養の偏りを防ぐことができます。

基本的に、カフェインの過剰摂取は体に良くないとされています。

1日1,2杯程度のコーヒーしか飲まないのであればそこまで影響が出るかは分かりませんが、僕みたいに相当な量のコーヒーを取ると健康に障害が出る可能性もあります

 

コーヒーを飲みすぎると、体に必要なカルシウムが足りなくなって骨に悪い影響が出ることもあるようです。

そのため、牛乳を同時に摂取することにより少しでもリスクを下げることができると考え、コーヒーには牛乳を入れて飲みます。

 

それに、コーヒーに牛乳を入れることによって満腹感が出て間食を防ぐ効果もあります。

牛乳には栄養素が多いため、確かに飲み過ぎるのは体に良いとは言えないかもしれませんが、満腹感が出ることによってコーヒーを飲む量も減らすことができます

コーヒーだけならいくらでも飲めるという人でも、少し牛乳を入れるだけで飲む量を減らせるはずです。

 

もちろん、僕は味の問題を解決するためにコーヒーに牛乳を入れていますが、健康に少しでも気をつかうということであれば少し牛乳を足してみてはいかがでしょうか。

糖分の取り過ぎはいけませんが、少し頭を休ませたいというときには砂糖を入れてコーヒーを飲むのもオススメです。

 

それでは、今日がかけがえのない日となりますように…

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました