「ひとりぼっちで成人式に行きました」持ち物や服装などを自分の体験と併せて紹介します

スポンサーリンク

ぼっちで成人式に行きました。
どうも、あみさかです

 

今年で成人を迎えたため、成人式に出席することにしました。

ただ、その決断をするまでには多くの葛藤がありました。

僕はもともとそこまで友達が多い人間ではなく、強い人見知りもあるためあまり成人式に乗り気ではありません。

特に話したい人がいるわけでもありませんし、会いたい人もいません。

 

そのため別に成人式にはいかなくても良かったのですが、せっかく買ってもらったスーツを着る機会もあんまりないですし、成人式に行ってみないとどんなものなのかが分かりません

というわけで、ひとりぼっちで成人式に行くとどんな感じなのか体験談を書くために出席することに決めました。

 

結論から言うと、成人式に行きたい人はいけば良いですし、行きたくない人は別にいかなくていいものです。

一人で参加してもそこまで楽しいものではありません。

ただ、一生に一度しかないイベントです。

面倒なものではありますが…

 

スポンサーリンク

成人式はいつ、何日に行われるのか?

成人式に出席するのは、自分が20歳になり成人を迎える時です。

厳密には、成人式が行われる年度内に満20歳となる人がその年の新成人ということになります。

 

学年ごとに行われるといった方が分かりやすいと思います。

そのため、早生まれの人は19歳の時に成人式に出席となります

まだお酒を飲めないタイミングでの成人式となってしまうため少し残念ですね。

 

そして、成人式が行われるのは大抵の場合成人の日で祝日となっている1月の第2月曜日です。

ただ、必ずしも成人の日に成人式が行われるとは限りません。

地方などでは、多くの学生や就職した人などが帰省できるタイミングのお正月の辺りで行われることもあるようです。

長めの連休などがないと地元に帰れないという人も多いでしょうから。

 

それに、成人の日の前日の日曜日に成人式が行われることも結構あるようです。

祝日である成人の日がある関係で必ず土・日・月の3連休となるため、日曜日に成人式が行われれば前日も翌日も休みとなり、同窓会も含めて出席しやすくなるのでしょう。

 

その成人式は、場所によって午前午後の二部制をとっている市区町村もあります。

僕が参加したところでは、新成人となる人数が多いため一度では会場に入りきりません。そのため、出身中学ごとに二部制に分けられていました。

自分が対象となっている時間を間違えないように気を付けましょう。

 

中学の友達と会えなくなってしまいますから。案内をしっかりと確認しておきましょう。

市のホームページにも案内や情報が載っていると思います。

最寄りの駅から無料のシャトルバスが出ている場合もあります。

 

ホールの座席は自由席でした

これは僕が参加した成人式の会場のことになってしまいますが、席は自由でした。

大きなホールで、早く入った人から座っていくという感じです。

そこそこ規模が大きいため、わざわざ決めていないのでしょう。

 

成人式当日にどれくらいの人数が参加するかは、実際に始まってみないと分かりませんし、会場に入らず建物の外でずっと喋っている人も多いですから

会場に入って式に参加する予定の人は、早めに受付をして好きな席に座っていましょう。

 

式典が始まる5分前ぐらいから大勢の人が一気に会場になだれ込んできて席が埋まってしまうと思います。

別に中学ごとに集められるということもありませんでしたし、好きな人同士で勝手に固まっている感じでした。

 

成人式の内容と所要時間「何をするのか」

成人式の内容は大したものではありません。

基本的には話を聞いたりするだけです。

そんなに楽しいものではありません。

結局は、中学や高校の時の友達と会うために成人式に来るのでしょう。

 

式の時間はちょうど1時間でした。

案内状にも市のホームページにもそう書いてあり、時間通りに終わりました。

おそらく受付時間は式開始の30分前ぐらいでしょう。

どこもそんな感じだと思います。

 

一人で行ってもそんなに楽しくありませんでしたが、友達と来ていたとしても楽しめるものでは無いと思います。

ずっと会場はざわざわしていて、みんなそれぞれ友達と話している方が楽しいんだと思います。

成人式に参加してみて、改めて参加しなくてもいいんじゃないかと感じました。

話を聞くためだけに時間を使うのはもったいないようにも思います。

 

成人式の持ち物「バッグか手ぶらか」

女性の方は振袖を着て、それに合わせた小さい和柄のバッグを持っていますが、男の人は特に決まっていませんよね。

服装はスーツのため、バッグを持っていくのであればスーツにあったものの方が良いです。

 

ただ、スーツに合うバッグ言われても全くピンときません。

ビジネスバッグではサラリーマンみたいになってしまいますし、リュックサックではラフな感じになってしまいます。

僕はスーツに合うバッグを持っていなかったためリュックで行こうとしていましたが、結局そこまで荷物は多くないということに気付き、スーツに必要最低限のものを入れて手ぶらで行きました

 

その判断はあっていました。

男性の半分以上は手ぶらで来ていました。

後は、ビジネスバッグのようなものやトートバッグなどあまり派手ではないものを持っている人もそこそこいました。

バッグを持っていくのであれば、暗い色のものをオススメします。

 

黒っぽいバッグとかです。派手な色だとスーツ合いませんし、結構目立ってしまいますからね。

リュックを背負っている人なんて一人も見かけませんでした。成人式でスーツにリュックスタイルは流石に浮いてしまいます。

大学の入学式ぐらいであれば荷物も多いため、フォーマルなリュックでも問題ないと思いますが…

 

手ぶらで来ている人は、コートに財布やスマホなどを入れていたみたいです。

スーツに長財布を入れると形が崩れてしまうこともありますからね。コートがあればその方がオススメです。

 

そして、成人式に持っていくものも紹介します。

これまで説明した通り、成人式や同窓会ぐらいであればそこまで多くの荷物は必要ありません。

成人式の会場で記念品をもらうことになると思いますが、その時も袋に入れてもらえるので荷物が増えて入れる場所がないという心配はありません

 

成人式に必要なものは、

  • 招待状、案内状
  • 財布
  • ハンカチ、ティッシュ
  • スマホ

必要最低限だとこれぐらいです。

これだけであればバッグは必要ありませんね。

 

招待状・案内状というのは、成人式を前に市から送られてくるものです。

記念品の引換えのために必要な場合もあるため、案内を確認しておきましょう。

ちなみに、僕が住んでいるところの成人式では記念品引換券で記念品を貰い、特に名前を書いたり名簿をチェックしたりということはありませんでした

 

財布はもちろん必要ですね。

飲み物を買ったりする可能性もあるため、少しはもっておきましょう。

スマホはもちろん持っていくと思います。

同窓会などにそのまま行くのであれば、モバイルバッテリーも持って行った方が良いかもしれません。

 

ハンカチティッシュはマナーとして持っていきましょう。

どちらも使うかもしれません。ポケットに入れておきましょう。

 

後は、個人で必要なものがあれば各自準備をしておきましょう。

僕のところの場合は飲み物をもらえなかったため、バッグを持っていく人は入れておいても良いかもしれません。

 

写真をたくさん取りたいという場合にはカメラを持って行っても良いですね。

僕が見た限りでは、成人式にカメラを持ってきている人はいませんでしたが、スマホでは物足りないという人がいればあってもいいですね。

荷物になるため、スマホで十分ですが…

 

それと、下痢止めなどの薬も必要だと思う場合には持っていきましょう。

多くの人が集まるためトイレが混雑することもありますし、式の間に席を立ちにくいことがあるかもしれません。

荷物にならない程度で

 

男性の成人式の服装・格好は?

女性の方は振袖が多いと思います。

ただ、細かい格好などは良く分かりません。

女性の方は振袖の人しか見ませんでした。というより女性の方は振袖、男性の方はスーツという先入観からかそこまで分かりませんでした

そして、私服の新成人は見かけませんでした。

 

服装はスーツ・コートを着ている

ほんの一部袴の集団もいましたが、男性はほぼスーツで間違いありません

僕は大学の入学式の時に着たスーツを成人式にも着て行きました。少し青みがかった感じのスリーピースのスーツです。

 

ただ、自宅から成人式の会場までスーツで行くのは少し周りの目が気になりました。

黒いスーツであればまだしも、青いスーツの時点で確実に成人式だろうなという格好でした。

 

そのため、スーツの上に着るようなコートがあれば着て行くことをオススメします

そもそも、見た目以前に寒いという問題があります。

幸運なことに、僕が成人式の日は暖かくコートが無くても過ごせるような日だったので良かったのですが、地域によってとても寒い場所はありますし、朝や同窓会の帰りの時間を考えるとコートはあった方が良いです

 

スーツに合うコートがないという場合には、探しに行ってみた方が良いかもしれません。スーツの上に着るものがカジュアルすぎても悪目立ちしてしまいます。

ちなみに、同窓会でも男性はスーツのままがいいと思われます

女性は振袖から私服に着替えますが、男性は写真を撮ることも踏まえてスーツの方がカッコよく見えると思いますし、成人式の雰囲気がでます。

 

スーツにはスニーカーではなく革靴

僕は革靴が非常に苦手です。

大学の入学式のスーツを買うタイミングで革靴を買う予定だったのですが、外反母趾ぎみで幅広な足の形をしているため、僕が履くことのできる革靴がありませんでした

いろいろと試してみましたが、痛くて全然歩けません。

 

その時は結局革靴を買うことなく、革靴が必要になったら買えばいいやと先延ばしできていました。

そのため、今回の成人式にも革靴を準備せず割とフォーマルなスニーカーを履いていきました

 

ただ、成人式ではスーツ・革靴が基本です。

スニーカーを履いている人は見かけませんでした。

スーツにスニーカーが合うかどうかの問題ではなく、常識の話ということなのでしょう。

基本的には、スーツに革靴で成人式に参加してください。

もちろん、無理をして革靴を履く必要はありません。

 

成人式にマスクをつけていく

成人式にマスクをつけていくことがおかしいと思う人もいるかもしれませんが、別に問題はありません。

女性はメイクをしている人がほとんどのため、マスクをつけるとお化粧が落ちてしまう可能性もあるためつけない方が良いと思います。

ただ、風邪をひいていたりする場合には、周りの人のためにマスクをつける方が良いですかね。

 

男性の場合は、おそらくマスクをつけても支障が出ないと思います。

成人式の時期は風邪やインフルエンザなどが広がりやすい季節のため、体調を崩しているのであれば周りに気を遣ってマスクをしましょう。

マスクをつけている人は、少し見かけました。

 

風邪の予防として役に立ちます。

もちろん、みんなの顔が分かるようにほとんどの人はマスクをしていませんでした。

 

髪型はセットしなければいけないのか

女性はもちろん、振袖とセットで髪型もやってもらっている人が多いと思います。

ただ、男性はあまり髪型をセットしている割合が思っていたよりも高くありませんでした

髪型をセットしてオシャレにしている人もいましたが、自然な感じのヘアスタイルの人の方が多くいたように思いました。

 

スーツを着て革靴を履いていれば、髪型は自然なままでも全然悪くありません。

カッコよく見せたいならもちろん髪型に気をつかうのも良いですが、清潔感がある髪型であれば普通で問題ないです。

 

僕は成人式の少し前に髪を短めに切りに行ったため、セットをせずに自然なままの髪型で行きました。

結局のところ、髪型は個人の自由ですね

 

ひとりぼっちの成人式の過ごし方

ここがらが本題ということでもあります。

実際に成人式にひとりぼっちで参加してみてどうだったのかということを体験談として紹介します。

 

まず第一に、なぜ一人で参加をすることにしたかというと「大学を中退したことによって後ろめたさを感じるから」です。

同級生に大学のことについて質問されると気まずくなりますし、相手に気をつかわせてしまいます。

嘘をつきとおすわけににもいきませんからね。

 

それに、極度の人見知りで人と話すことが好きではないということもあります。

成人式に出席したときの格好はここまでで説明しているため省略させていただきます。

 

まず、成人式の会場に着く時間ですが、受付時間ちょうどぐらいがオススメです

建物の周りでは、みんな友達と固まって話しているため待つ時間があってもすることがありません。

 

受付が始まったら会場に入り、端っこの方の席に座っていましょう。

受付が始まったタイミングでは、まだあまり人が入ってこないため好きな場所に座ることができると思います。

予め席の場所が決められている場合にはそうはいきませんが…

 

その時に思ったのですが、結構ぼっちで成人式に参加している人はいました

1人で成人式に参加している人を気にしているのは1人できている人ぐらいです。

友達と来ている人は1人出来ている人なんて気にも留めていないでしょう。

 

思っていたよりも、成人式の治安は悪くありません。

その分、盛り上がりにもかけていました。

先ほども書きましたが、1人で成人式に来ても楽しくありませんし、それは友達がいても同じだと思います

話を聞くばかりの成人式に出席するということよりも、昔の友達と集まることの方が楽しいことだからです。

 

結論として、行かなくても良かったなと思いました

時間の無駄とは言いませんが、わざわざ行っても別に何かを得るということはありませんでした。

帰るまでに何人かに声をかけられましたが、軽い挨拶程度で終わりです。

長く話してしまうと、大学についての話が始まってしまう恐れがあるためです。

 

そのため、同窓会には参加しませんでした

元々そういう集まりが好きなタイプでもありません。

ひとりぼっちで成人式に参加するとこんな感じです。

行っても行かなくても何も変わりません。

成人式に参加するかどうかは皆さんの自由です。

 

終わりに「成人式・同窓会に行くべきか」

「成人式には行くべきなのか?」「同窓会には出るべきなのか?」

結構悩む人も多いと思います。

 

成人式はそこまで楽しいものではありません。

地区にもよりますが、そんなに盛り上がりません。大したものではありません。

結局は、建物の外で写真を撮ったり、久しぶりに友達と会って話すような場所になっています。

 

同窓会についてはクラスラインなどで流れていましたが、僕は人見知りが強くそのような場を楽しめない人間なので参加しませんでした

仲が良い人とは問題なく話せますが、知り合い程度だと気まずくて仕方がありません。

 

同窓会に参加している人は全体の半分ぐらいでした。

用事があるという人もいれば、面倒だ・行きたくないという人も多いのでしょう。

親に成人式に行けと言われたら、やっぱり行くしかありませんよね。

 

男性の場合はスーツを着て革靴を履いて式に出て、それで終わりです。

成人式だからと言って同級生と写真を撮らないといけないわけではありません。

親や祖父母と一緒に写真を撮れば、家族の思い出として残ります。

 

成人式や同窓会でも盛り上がりたい人は盛り上がればいいし、そうでない人は別に盛り上がる必要はありません。

成人式に行かなくても後悔することはないでしょう。

行きたくないなら行かなくても、何も問題ありません。

成人式の記念品も、別日にもらいに行ける場合もあります。

結局、成人式は集まる場所となっているだけです。

 

そして、成人式には出席せず同窓会だけ出席するという人もいると思います

同窓会なら私服でも全然問題ありませんし、仲の良い友達と集まれれば気楽で良いと思います。

同級生全員と会わなくても、話したい人・気の合う人とだけ集まって話をするのも悪くないですね

というわけで、1人で成人式に行っても特にすることがないため、成人式に出席して色々と考えながら記事を書かせていただきました。

 

それでは、新成人となる皆様の今日がかけがえのないものとなりますように…

 

学業
スポンサーリンク
フォローする
さよなら無気力な日々よ

コメント

タイトルとURLをコピーしました