さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ

ブログの検索流入は90パーセントを超え、アクセス元サイトの表示がGoogleとYahoo!だけになった

スポンサーリンク

ブログに命を燃やしています!

どうも、あみさかです

 

当ブログは現在伸び悩み中です。

そんな中、はてなブログのアクセス元サイトの割合を見て驚きました。

f:id:solodays:20191027224632j:plain

GoogleとYahoo!からのアクセス割合しか表示されていません。

どちらも検索エンジンからの流入ということです。

検索エンジンからの流入が90%を超え、その他のアクセス元の割合は表示されていませんでした。

 

本来であれば、

  • TwitterなどのSNSからのアクセス
  • ブログ村などのブログランキングサイトからの流入
  • アドセンスから表示設定ができる関連コンテンツからのアクセス
  • ブログカードというブログ記事のリンクからのアクセス
  • はてなブログの読者からのアクセス

など、アクセス元は様々で検索流入以外にもたくさんあります。

 

それなのにも関わらず、「Google」と「Yahoo!検索」だけ...

 

検索流入というのは、今まで書いた記事へのアクセス・検索エンジンに載っている記事へのアクセスによって獲得することができます。

そのため、新しい記事を書かなくても検索流入の割合が落ちることはありません

 

それとは逆にブログランキングサイト、はてなブログの読者からのアクセスというのは新しい記事を書いた時に獲得できるものです

 

SNSからのアクセスは、新しい記事をシェアしたときに獲得できるものですが、それは古い記事をSNSにシェアしても同じことです。SNSからの流入は記事をシェアすることによって得られるもののため、記事の新しさは関係ありません

 

このはてなブログのアクセス元割合にカウントされるのは、直近の1000PVが対象になっています。

当ブログのこの日のアクセスは1000PV近くまでいったので、ほぼ1日分のアクセス元の割合といっても差し支えないでしょう。

 

それらのことから、新しい記事を書かなければ検索流入は必然的に上がっていくというのが分かります。

SNSに記事をシェアしなければSNSからのアクセスはありませんし、読者からのアクセスも比較的新しい記事が中心となります。

 

ただ、残念ながら僕はブログを毎日更新して、毎朝新しい記事を投稿します

この日も例外ではなく、

  • 朝に記事を投稿して、読者の方には「購読中のブログ」に表示される
  • 投稿と同時にTwitterにシェアをする
  • ブログ村にも記事を送信して、カテゴリごとの「最新記事」に表示される

いつも通り記事が読まれる機会を出来るだけ増やしています。

 

結局、何が言いたいかというと
「毎日新しい記事を投稿しているのにも関わらず、はてなブログの読者・Twitter・ブログランキングサイトからのアクセスをほとんど得ることが出来ていない」ということです。

 

このアクセス元割合の全体が1000PVとなれば、アクセス元サイトの割合の1%というのは10PVということになります。

おそらく、最低ラインの1%・10PVを超えることが出来なければ表示されないのでしょう。

 

そのため1日当たりで言えば、

  • はてなブログの読者からのアクセスは10PV以下
  • ブログ村からのアクセスも10PV以下
  • Twitterからのアクセスも10PV以下

この事実が突き付けられたのです。

 

検索流入を意識して毎日記事を書いていますが、これでははてなブログをやっている意味も、ブログ村に登録している意味も、Twitterにシェアしている意味もなくなってしまいます

 

「全体のアクセスが多い上で検索流入が90%を超えた」ということになれば、検索流入が多くて喜ばしい気持ちになると思います。

しかし、このブログの場合は検索流入しか頼れるものがないという状態です。

 

少し前から検索流入の割合が90%に近づいてきて、このような状況になるというのは予想できていました。

ただ、その対策は何もしていませんでした。

 

これからは

  • 毎日投稿の記事の内容そのもの
  • Twitterの使い方
  • ブログ村でのカテゴリの再設定
  • 読者になっていただいた方に、引き続き記事を読んでもらえるような工夫

色々と見直していかなければいけません。

 

課題は山積みなので、1つずつ着実に片づける必要があります。

その課題が片付けば、さらに新しい課題が見つかるでしょう。

先に進むためには、自分自身が変わらなければいけないのかもしれません。

 

それでは、今日がかけがえのない日となりますように...