はてなブログでのEnter(エンター)は改行じゃなくて段落変更。noteで学んだShift+Enterでの改行

PCを使いこなせるよう命を燃やしています!
どうも、あみさかです

 

ブログを始めてから1年以上経ちますが、また新しく知ったとても基本的なことがありました。

それは、Enterキーについてです。

Enterキーは、改行や確定をするときに使われる特に使用頻度の高いキーです。

もちろん、ブログを書くときにもたくさん使います。

ただ、僕はそのEnterキーについて長い間大きな勘違いをしていました。

Enterキーは改行をするために使うものだと思っていましたが、はてなブログの場合のEnterキーの役割は段落を変えるというものでした。

 

このように「Enterキーが改行ではなく段落を変える」という役割が設定されているのことはよくあるようです。

なぜ今さらこんなことに気づいたのかと言うと、「note」を始めたことがきっかけです。

 

非常にシンプルなnoteの編集画面は、初心者にも分かりやすいように「ガイド」というキーボードの付いたアイコンがあり、それをクリックすると文字の装飾などのやり方と一緒に下のような説明が出てきます。

この説明によると、
文章の改行は「Shift+Enter」段落を変えるには「Enter」を使うということになっていました。

実際にnoteで書いてみるとよくわかるのですが、段落を変えたときに大きく間隔が開くため適切に使い分ける必要があります。

 

この時「ブログでもnoteのように改行と段落の使い分けがあるのかな?」と疑問に思いました。

はてなブログでこの「Shift+Enter」を試してみると、いつもとは違う行間で改行されます。

その時に初めて、今まで改行だと思ってやっていたことが段落変更だったと知って驚きました。

 

実際にここでやって見ると

こちらは「Shift+Enter」での、
改行の間隔。

こちらは「Shift」のみの場合での、

段落変更の間隔です。

2つの文の読点の後にそれぞれ改行・段落変更を行っています。

 

2つ目の文の方がやや行間が開いていて、確かに違和感を感じます。
やはり上の改行を行ったほうの文が、より連続性があるように思えますね。

HTMLで見ても、改行は「brタグ」になっていて文が連続している扱いになります。

改行を一切使わずに段落変更だけを使って文章を書くと、全ての文がそれぞれ1つの文のまとまりとされる「pタグ」に挟まれることになるため、文章がぷつぷつ切れてしまうということになります。

 

SEOの観点から問題視されることはないと思いますが、やはり改行・段落はうまく使い分けた方がスマートですし、読まれる前提で書いているブログであれば読みやすい記事の方が良いですよね。

というわけで、今回は「Shift+Enter」を使った正しい改行の仕方を紹介しました。

 

はてなブログを使っている人の中では、僕のように改行と段落変更の違いを知らなかったという人もいると思います。

僕もnoteを始めなければ、これからも知らないまま過ごしていたはずです。

このように、ブログを書くにあたって絶対に必要な知識ということではありませんが、知っていた方が良いこともたくさんあるはずです。

ブログの知識をブログではないところで発見する可能性も十分にあるため、常にアンテナを伸ばして成長し続けていきたいです。

 

それでは、今日がかけがえのない日となりますように…

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました