さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

【8月30日・オリックス戦】ロッテの本日の試合結果と個人的MVP ー野球観戦ブログ(仮)ー

スポンサーリンク

2019-08-30(金)

 

野球観戦に命を燃やしています!

どうも、あみさかです

 

本日(8月30日)はオリックス・バファローズ戦でした。

 

ロッテは現在、勝率を5割に戻して楽天と同率3位で並んでいます。

ただ、今シーズンは5割になるたびに連敗で順位を落とし続けているため不安ですね。

 

今日からは7勝11敗と苦手としているオリックスとの4連戦です。

ロッテは9連戦の真っ最中で、楽天とは2試合延長を戦っているため疲れもたまっているでしょう。

一方のオリックスは雨天中止が続き5日ぶりの試合ということでリフレッシュした状態で臨んでくるはずです。

 

不利な状況で苦手なオリックスとの4連戦は不安しかないですね。

4連敗だけは絶対に許されません。 

今日先発の西野投手は先発に転向してから好投を続けているため、今日もオリックス打線を抑えてくれるでしょう。

 

西野投手が昇格する代わりに、加藤翔平選手が抹消されています。

チャンス自体が少なかったですが、その少ないチャンスをものにすることが出来なければやや選手層の厚い外野手の中で生き残るのは難しいですね。

 

そして、今日は久しぶりに三木選手がショートでスタメン出場です。

平沢選手も状態が悪いわけではないので、結果を出して争っていってほしいですね。

 

中村奨吾選手は9番に入っています。

6番のレアード選手とともに三振・併殺で繋がりが良くない状態なので、四球でもいいので繋いでいっていただきたいです。

どちらの選手も守備は良いんですけどね...

 

※この記事はスポーツナビさんのデータを参考にさせていただいています。

参考:プロ野球 - スポーツナビ

 

 

8月29日終了時点での順位表

順位 チーム 試合 ゲーム差
1 H 119 64 51 4
2 L 120 64 55 1 2
3 M 121 59 59 3 6.5
4 E 120 58 58 4 6.5
5 F 121 56 60 5 8.5
6 B 117 53 59 5 9.5
  • L‥埼玉西武ライオンズ
  • H‥福岡ソフトバンクホークス
  • F‥北海道日本ハムファイターズ
  • B‥オリックス・バファローズ
  • M‥千葉ロッテマリーンズ
  • E‥東北楽天ゴールデンイーグルス

 

※基本的にはロッテの試合終了後に記事を投稿する予定で、試合終了時刻は異なってくるため前日時点での順位表になりますのでご了承ください。

 

試合結果

f:id:solodays:20190830222816j:plain

勝利投手【B】海田投手(1勝2敗)

敗戦投手【M】永野投手(0勝1敗)

本塁打:【B】小島 4号(7回表ソロ)

 

試合成績(ロッテ)

野手

スタメン 安打 本塁打 打点 盗塁
1 荻野 1 0 0 0
2 鈴木 0 0 1 0
3 マーティン 0 0 0 0
4 井上 1 0 0 0
5 角中 2 0 0 0
6 レアード 0 0 0 0
7 三木 3 0 2 0
8 田村 1 0 1 0
9 中村 1 0 0 0
途中出場 安打 本塁打 打点 盗塁
守備 細川 0 0 0 0
守備 0 0 0 0
代打 三家 0 0 0 0

 

投手

    投球回 自責点
  西野 6.1回 3失点
  松永 0.2回 0失点
  東條 0.0回 1失点
永野 0.1回 2失点
  酒居 0.2回 0失点
  チェン 1回 4失点

 

※エラーなどの関係で自責点に誤りがある可能性がございますが、ご了承ください。

 

個人的MVP

今日の個人的MVPは三木選手です!

 

デッドボールで左手を打撲してしまった8月7日以来のスタメン出場となりました。

抹消はされていないため、守備から途中出場する場面はありました。

 

そんな中で、1打席目と2打席目共にタイムリーヒットを放ち猛打賞も達成しました

ただ、これからが勝負ですね。

平沢選手は、藤岡選手と三木選手が試合に出られない間しっかりとショートの仕事を果たしていました。

 

これからのショートスタメン争いが楽しみですね。

 

~戦評~ 【個人的ハイライト】

  • 1回裏、先頭バッターの荻野選手がスリーベースヒットで出塁し、鈴木大地選手の内野ゴロで先制点を挙げる
  • 2回裏、三木選手のタイムリーツーベースヒットで追加点を挙げる
  • 3回表、2者連続四球でピンチを招き犠牲フライ・タイムリーヒットで同点に追いつかれる
  • 4回裏、三木選手・田村選手の連続タイムリーで2点を勝ち越す
  • 7回表、ソロホームランで1点差に詰め寄られさらにピンチが続くも、鈴木大地選手・マーティン選手のファインプレーなどで松永投手は無失点でピンチを切り抜ける
  • 8回表、東條投手がロメロ選手に対してワンポイントで登板するも出塁を許し、替わった永野投手は2者連続安打と犠牲フライで逆転を許しプロ初となる自責点を記録する。
  • 9回表、チェン投手が登板するもオリックス打線に捉えられさらに4点を失う
  • 9回裏は三者凡退に倒れゲームセット。終盤での逆転負けで4連戦の初戦を落とす

 

先発の西野投手7回途中3失点という結果でした。

しっかりと試合をつくり、粘り強く投げてくれました。

ただ、7回は同点・逆転のピンチを招いての降板となったのがもったいなかったですね。

 

与四球が4と少し多かったかもしれませんが、100球いかなかったということで調子が良ければ7回の最後まで投げてくれたはずです。

次の登板でも粘り強く長いイニングを投げていただきたいですね。

 

8月31日の予告先発と期待したい選手

【ロッテ】佐々木投手

【オリックス】アルバース投手

 

佐々木投手は5先発で2勝1敗・防御率2.88と成績は良いですが、まだまだ不安定ですね。

復帰登板では7回無失点の好投で勝利しましたが、それ以外の時は5回までで交代となっています。

来シーズンのためにも安定して6回以上投げられるというところを見せていただきたいですね。

 

オリックスの先発のアルバース投手には2週間前に7回無失点で負けています。

相変わらず左投手への苦手意識があるのでしょう。

このまま左投手を打てない状態が続くのは良くないですね。どうにか打ち崩してほしいです。

 

それでは、明日もかけがえのない日となりますように...

 

前回のロッテの試合(8月29日楽天戦)はこちら

www.amisaka.com