さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ

【雷はなぜ怖いのか?】大きな音や激しい光、それに命の危険も...

ブログに命を燃やしています!

どうも、あみさかです

 

雷って怖いですよね。

あれは静電気の強化版と言える、大気中の放電現象によっておこるものですがもちろん静電気も嫌です。

 

大きな音や空の激しい点滅は気持ちのよいものではありません。

それは子供の頃だけの話ではありません。

大人になっても雷は怖いです。

 

というわけで今回は、

「雷はなぜ怖いのか?」ということを考えていきます。

 

大きな音と激しい光、そして地響き

f:id:solodays:20190617225002j:plain

雷はけたたましい音激しい光によって視覚と聴覚に衝撃を与えます。

雷が近くに落ちれば、それに加えて大きな地響きも起こります。

 

それが「雷が怖い理由」でしょう。

今となっては、あまり雷の音と光で怖いと思うことはありません。

 

ですが、子供の頃は怖かったですね。

「窓の外が光った!」と慌てて、その後に「ゴロゴロ」という重低音でとどめを刺されます。

 

だんだん雷が近付いてくると、「家に雷が落ちるんじゃないか?」と不安に思っていた時もありました。

 

学校にいる時に雷が鳴ると、みんな授業そっちのけで窓の外ばかり気にしているなんて言うこともありましたね。

 

停電の恐れ

f:id:solodays:20190617225201j:plain

そして、停電というのも怖いものです。

 

昼であればそこまで気になりませんが、夜に停電してしまうと真っ暗になるので嫌でしたね。

 

ブレーカーを上げに行ってすぐに電気がつけばいいですが、なかなか電気がつかなかったり何回も停電したりすると最悪ですね。

 

ただ正直、僕はそこまで停電の経験がないのでエピソードは特にないです。

雷が鳴っているからと懐中電灯を用意しておいても、停電せずに何事もなく雷がおさまって終わってしまいます。

 

家電・スマホが壊れる恐れ

f:id:solodays:20190617225326j:plain

僕が今一番怖いのは、雷によって家電やスマホ・パソコンなどが壊れてしまうことです。

 

電線に雷が落ちることによって、コンセントから大きな電流が流れてしまうことによってコンセントにつないでいた家電が壊れてしまう恐れがあります。

 

これが本当に怖いです。

今までこれで電化製品が壊れたことはありませんが、警戒しています。

 

  • 雷ガード付きの延長コードを使用する
  • アース付きコンセントを利用する
  • 雷が鳴っているときのスマホの充電を避ける

できることはしっかりとやっておきましょう。

 

命の危険がある

そして、雷は命を奪うこともあります。

その確率は低いものですが、危険性はゼロではありません。

 

外にいて雷に打たれる。

この可能性はほぼないと言ってもいいでしょう。

周りに高い建物があれば安全です。

 

ですが、「側撃雷」には気をつけましょう。

木などを伝って近くのものに電気が流れるという現象のことです。

 

家の中でもリスクはあります。

コンセントから電気を取っている家電がショートして出火する可能性もあります。

 

やっぱり雷は怖いですね。

 

終わりに、「せっかくの雨の日が雷で台無しに」

そして、雷は人の集中力を失わさせるものでもあります。

 

大きな音と強い光で集中できなくなってしまいますね。

 

雨音は心地よい音と雑音をかき消すことができ集中力を上げる効果を持っていますが、雷はそれを台無しにしてしまいます。

 

www.amisaka.com

 

雷の日はおとなしく建物の中で過ごしましょう。

集中力を欠いたとしても、雷だからしょうがないとはなりません。

 

それでは、雷が鳴っている日もかけがえのない日となりますように...