10/31『ハロウィンも何もない』
今週の空日記へ

前を向いて歩くことの意味を理解しよう。下を向いて歩くより先に進むことができる

下向きで歩く人

前を向いて歩いています!
どうも、あみさかです。

 

人を励ますときや、元気づける時などに「前を向いて歩こう」という言葉が使われますよね。

その「前を向いて歩こう・前を向いて歩く」という言葉はどういう意味なのでしょうか?

 

もちろん、前を向いていなければ歩くことが難しいですよね。

人は真上を向いて歩くことができないため、

「上を向いて歩く」と「前を向いて歩く」は同じ意味と捉えても差し支えないでしょう。

 

そのため、「前を向いて歩く」「下を向いて歩く」の言葉の意味の比較することで、その答えが出てくるのでしょう。

その観点を意識したうえで、今回は「前を向いて歩く」という言葉の意味を考えてみることにしました。

 

前を向いて歩いた方が人生を前向きに

「下を向いて歩く」「前を向いて歩く」

どちらも例えているもので、実際に歩くことだけに使われるものではありません。

「人生を前向きに過ごすかどうか」ということでしょう。

 

下を向いて歩いていると、行き詰ってしまったときに一度後ろへ戻らないといけません。

前を見ずに歩いていると、どこかでつまずいてしまうかもしれません。

前を見て歩いていれば、少し前にある障害に気づくことができ回り道を選択したり、早めに対策を取ることができます。

前を向いて歩いていた方が、長い目で見るとより先に進める可能性が高いですね。

 

下を向くより広い世界を見ることができる

視野は前を向いていた方が圧倒的に広くなります。

下を向いていると、自分の目の前の限られた世界しか見ることができません。

近くにチャンスが転がっていればいいですが、人生はそう甘いものではありません。

 

前を向いて、広い世界を見ましょう。

広い世界の中では、自分はちっぽけに感じてしまうかもしれません。

しかし、井の中の蛙となっていては成長することはできません。

自分を見つめなおすためにも、前を向きましょう。

 

先にある幸福をとるか目先の利益をとるか

前を向いて歩いていれば、より先にある幸福や利益を見ることが出来ます。

下を向いていては、目先の幸福と利益しか求めることが出来ません。

先を見なければ、今やりたいことだけ・今欲しいものだけ手に入れて、将来のことなど考えることができません。

辛さから逃げるために下を向いていても、どんどん辛くなり自分を追い込むだけです。

 

苦しい時こそ前を向きましょう。

自分の未来を良いものとする。

自分の未来を楽しいものとするためには、多少の我慢も必要です。

ずっと楽しんでいるだけでは、辛くなった時に立ち直ることができなくなってしまいます。

今のこと、未来のことも考えるのであれば前を向くほかありません。

 

終わりに「前を向くと全てが見えるから、時々目先の楽しいことだけを見てもいい」

前を向くことによって生じるデメリットもあります。

「前を向くと自分の今も、未来も全て見えてしまいます」

それが全て良いものであれば、楽しくてたまらないでしょう。

しかし、辛い未来を見てしまう可能性もあります。

たまには下を向いて、目先の楽しいことだけを見ながら歩いていくのも良いのかもしれません。

 

頑張らないのはダメですが、頑張りすぎも良くありません。ゆっくりと歩いていきましょう。

【無気力な状態とは?】やる気が出ないときには頑張らないのではなく、頑張りすぎない方が良い
無気力にならないため命を燃やしています! どうも、あみさかです 僕のブログタイトルは「さよなら無気力な日々よ」です。 その「無気力」とはどのような状態なのかを考えていきます。 そして「無気力状態から抜け出す方法」...

それでは、今日がかけがえのない日となりますように…

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました