さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ

【水曜日】一週間の折り返しとなる水曜日。気持ちをリセットして週の後半に臨もう

スポンサーリンク

ブログに命を燃やしています!

どうも、あみさかです

 

ようやく一週間の折り返しとなる水曜日です。

月曜日・火曜日と週の前半が終われば、ようやく土日休みも見えてきますね。

 

ですが、水曜日にもなると少しずつ疲れも見えてきます。

一度気持ちをリセットして、気持ちよく水曜日に臨みましょう。

 

中だるみしてしまわないよう気を付けなければいけませんが、やはり頑張りすぎは禁物です。

 

 

水曜日は週の真ん中。気合を再び入れなおそう

一週間のキャラクター(水曜日)

水曜日は週のど真ん中です。

(仕事が始まるのは月曜日ですが、おそらく一週間が始まるのは日曜日です)

 

細かく言えば、水曜日の午前中が週の前半午後が週の後半とも言えます。

前半と後半では大きく気持ちが変わってきますね。

 

午後は週の後半と言えるため、土日休みが近付いてくるという思いでモチベーションが上がるかもしれません。

 

ですが、水曜日の午前中はまだ週の前半です。

土日休みまでは遠く感じてしまいます。

 

疲れもたまっていて、気持ちも体も滅入ってしまいますね。

 

そのため、もう一度スイッチを入れなおしましょう。

「平日に休む」ということは基本的にできませんが、気分をあげるということは可能です。

 

  • しっかりと睡眠をとり、体の疲れを取る
  • 自分のテンションが上がるような予定を入れておく
  • 自分自身にご褒美をあげる

などで気分を上げましょう。

 

その中でも、自分自身にご褒美となる物事を用意する方法が、比較的簡単で効果的であると思います。

 

気持ちを一度リセットするため、自分にご褒美をあげよう

f:id:solodays:20190528164904j:plain

気持ちを簡単に上げたいのであれば、自分自身にご褒美をあげる方法をオススメします。

 

それは、自分が嬉しいと思うことであればなんでも大丈夫です。

 

  • 好きな食べ物を食べる・食べに行く
  • 友達と出かける
  • ショッピングをする
  • だらだらして過ごす
  • 贅沢をする
  • 映画を見に行く
  • 趣味に没頭する

あまり疲れすぎないものであれば、なんでも大丈夫です。

 

外食でちょっと贅沢をすることや、ショッピングをするのはお金がかかってしまうため毎週というのは厳しいかもしれませんが、良い気分転換になれば安いものだと思います。

 

趣味と言えるものがあれば、それが一番おすすめです。

 

僕の場合は「野球観戦」です。

球場に見に行くとなると、交通費やチケット代がかかりますが、テレビ中継を見ているだけでも満足できます。

 

映画を見に映画館に行くのもお金がかかってしまいますが、「Amazon」などのサービスを利用して自宅で見るだけでも十分楽しいと思います。

だらだらしているだけで気分転換になれば、それでも良いと思います。

 

重要なのは「自分が好きなこと」「気分転換になるもの」

この2つに当てはまることであれば良い気分転換ができ、週の後半も乗り切ることができます。

 

水曜日が終われば、もうすぐ土日休み

f:id:solodays:20190528164719j:plain

くり返しになりますが、水曜日は週の真ん中です。

 

水曜日が終われば、あと2日で土日になります。

その「あと2日」というものは、長いか短いかは分かりませんが終わりが見えてくるのは確かです。

 

「終わりが見えない」ということは、とても大きな不安要素になります。

モチベーションが下がり、落ち込み、生産性を欠いてしまうことにもなります。

 

疲れというのも、水曜日には出てきます。

リラックスすることができれば一番いいのですが、平日はそこまで時間が余りませんね。

 

ですが、「少ない時間を有効活用しよう」と考えているだけでも時間は無くなりますし、疲れてしまいます。

 

気楽に過ごしていくことが、重要なのかもしれませんね。

 

終わりに

水曜日は一週間の折り返しとなるため、少し中だるみしてしまいがちですよね。

特に朝は、疲れもたまっていてなかなか気分も上がりません。

 

そんな時には、自分で自分の気分を上げてあげましょう。

中だるみしてしまうと、それは木曜日にも響いてきます。

 

水曜日を乗り越えてしまえば、後は気が楽になってくるでしょう。

「無理をすること・頑張りすぎること」はオススメしませんが、

「手を抜くこと・中だるみをすること」は無いように一週間を過ごしてください。

 

それでは、週の真ん中となる水曜日も気を抜かずに過ごしましょう。

 

憂鬱になりやすい火曜日も、モチベーションを高く保てるよう頑張りましょう。

www.amisaka.com

 

木曜日を乗り越えればもうほとんど一週間は終わりです。
www.amisaka.com