さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ

【月曜日】一週間は始まったばかりだから無理は禁物。スロースターターでいこう

スポンサーリンク

ブログに命を燃やしています!

どうも、あみさかです

 

憂鬱な月曜日がやってきてしまいましたね。

7日に一度来てしまうことなので仕方がないことですが...

 

「日曜日の夜から月曜日の朝」が一番辛い時間帯ですよね。

この時間を乗り切ることができれば、仕事モード・勉強モードに入ることができるはずです。

 

そんな月曜日を気持ちよく迎え、一週間を充実したものにする方法を考えていこうと思います。

 

週の初めは頑張りすぎず、スロースターターでいきましょう。

 

 

月曜日には無理をしない。頑張りすぎない

f:id:solodays:20190526133119j:plain

月曜日は、休み明けになることがほとんどでしょう。

 

そのため、なかなか仕事モード・勉強モードに入るのが難しいですね。

でもそれは自分だけではありません。

 

みんながみんな月曜日からバリバリ頑張れるということはありません。

そのため、サボっていいわけではありませんが、無理をする必要もないですね。

 

月曜日は「お休みモード」から「仕事・勉強モード」切り替える日です。

切り替えを無理に行ってはいけません。

徐々に体・頭を慣らしていきましょう。

 

頑張りすぎてしまうことにも気を付けましょう。

月曜日は退職者が一番多いという話もよく聞きます。

 

月曜日はまともな判断ができなくなるほど精神的に参ってしまうこともあります。

そんな状態でも、学校・職場に行くと何事もなかったかのように過ごせることも多いです。

 

月曜日は無理をしないでください。

辛いと思ったら休んでください。

学生であれば休むことはそこまで難しいことではありません。

 

社会人になってしまうと「責任・信頼の問題」にも関わってきますので簡単に休むことはできないですよね。

ですが、退職となってしまうと元も子もありません。

 

遅刻をするというのも一つの手です。

できるだけ連絡・伝達はしておきましょう。

 

スロースタートで大丈夫

f:id:solodays:20190526133140j:plain

月曜日はスロースタートでいきましょう。

 

野球の話になりますが、

「立ち上がりの悪い投手、前半で本調子が出ない投手」のことをスロースターターと言います。

 

確かに、前半が良くないことは褒められたことではありませんが、後半にはしっかりと調子を上げてきます。

 

「スロースタート」はペース配分がしっかりとできていることでもあります。

前半しか頑張れない人よりはよっぽどいいですね。

 

「ウサギとカメ」に出てくるカメが称えられるのも同じようなことです。

スタートがいくら良かったとしても、最後まで頑張れないウサギは報われませんでした。

 

逆に、スタート時点では大差をつけられていたカメは、

ずっと自分のペースを保ち続け最終的にウサギとの競争に勝ったことによって称えられています。

 

過程というのも大事ですが、やはり結果は重要視されます。

スタートがゆっくりだったとしても、最終的にやることをしっかりやれば何の文句もありません。

 

そういう意味でも、スロースタートは悪いことではありませんね。

 

そして、人間は急激な変化を嫌う生き物です。

変化よりも安定を望むのが人間という生き物です。

 

「仕事・勉強モード」のオンとオフのスイッチは急激に切り替えるのではなく、じわじわと切り替えていきましょう。

 

その方が疲れも少なくなるでしょう。

 

終わりに

野球では「スロースターター」よりも「尻上がり」の方が良いと言われます。

(尻上がりはスタート時から平常通りで、徐々に状態が好調になっていくというものです)

 

ですが、尻上がりのようにうまくいくことなんてそうありません。

毎週のように同じことをこなしていたら、そんなに調子が上がることもないでしょう。

 

調子を保つというのは難しいことです。

どこかで手を抜きたくなることもあります。

 

週の初めは無理をせずに、ゆっくりと一週間を始めましょう。

 

そして「ウサギとカメ」であれば、カメになりましょう。

無理をしないことは怒られませんが、サボることは許されません。

 

それでは、月曜日もかけがえのない日となりますように...

 

月曜日を有意義に過ごすためには、週末に行う準備が重要です。
www.amisaka.com

 

憂鬱で辛い火曜日には、元気を出して頑張りましょう。
www.amisaka.com