10/31『ハロウィンも何もない』
今週の空日記へ

YouTubeのスキップできる広告は矛盾していて意味がないのではないか?

スマホの広告

ずっとYouTubeを見ています!
どうも、あみさかです。

 

YouTubeを見ていると様々な広告を見かけますよね。

その中にはスキップできる広告があります。

その「スキップできる広告はどういう理由で存在しているのか?」

ということを考えていきます。

 

YouTubeでよく見る3種類の動画広告

僕はYouTubeについて詳しく知っているわけではないので細かいことは分かりませんが、この頃よく見る広告は3種類ほどあります。

 

スキップできる動画広告

スキップできる広告は数十秒~数十分ぐらいまで時間は幅広いが、興味が無い広告であれば5秒後にスキップすることができる広告。

YouTubeでは主流の広告ですが、すぐにスキップされてしまうと動画を投稿した人には収益が発生しないようです。

 

スキップできない動画広告

スキップできない広告は数秒~十数秒ほどの短い広告ですが、スキップですることができません。

最近はこのスキップできない広告が増えています。

広告の時間はそこまで長くなく、すぐに終わるため無視できます。

 

クリックすると他サイトのホームページに飛ぶバナー広告

これは動画の広告ではなく、画像と文章の広告でクリックすると外部のサイトに飛びます。

ブログサイトでもよく見かけるタイプの広告です。

他にも、動画の上に広告が表示されるオーバーレイ広告やクリックすると動画が再生される広告もあるようですが、あまり見ないのでよく知りません。

 

スキップできる広告の存在意義と意味

この中でも僕が気になったのは「スキップできる広告の存在意義」です。

「スキップできる広告は矛盾しているのではないか?」と思っています。

YouTubeをしっかりと見ていれば、スキップできる広告は迷いなく飛ばすでしょう。

 

見たい動画があるのにわざわざ広告の動画に見入ることはほとんどありません。

もし、そこまで集中せずにYouTubeを見ていたらスキップできる広告を最後までスキップしないということもあり得ます。

 

しかし、それはただ広告をスキップしなかったというだけであり広告を見ていた(聞いていた)わけではありません。

つまり、最後まで広告が流れたとしてもその広告は全く意味をなしていないという状況が発生しています。

※ここまではあくまでも自論です。

 

僕はこういう風に考えていたのですが、実際はそうではないようです。

スキップできる広告は一定時間以上の視聴か、広告のクリックによって収益が発生するようです。

現状それがユーチューバーの方のメインの収益となっているため、スキップできる広告は見てもらえているのでしょう。

 

もちろんその中に、僕が先ほど書いた「見ていない状態で流れた広告」も一定数存在していることは間違いないでしょう。

ただ、スキップできる動画というのは「スキップできない最初の5秒」を重要視して作られているようで、しっかり見てしまう人もいるようです。

というわけで、YouTubeの「スキップできる広告」は十分に広告としての役割を果たしているようです。

 

終わりに、YouTubeは大きな可能性がある

ユーチューバーは現在、全盛期を迎えているかもしれません。

芸能人も続々YouTubeに進出してきて飽和状態になっています。

しかし、令和と元号が変わろうとしている現在、テレビの視聴率はどんどん下がってきていて、その代わりにYouTubeを視聴する人が増えてきています。

 

人々がYouTubeを見れば見るほど、広告はYouTubeに流れます。

今主流の広告は、テレビCMかもしれませんが、YouTubeの広告が主流になる日も遠くはないでしょう。

 

そうなれば、広告費はどんどん上がっていきます。可能性はまだまだ大きいですね。

これからYouTube界に参入しても遅いということはないでしょう。

それでは、今日がかけがえのない日となりますように…

 

1時間半ほどの長い広告の目的も考えてみました

YouTubeで1時間半ほどの広告が流れたため、長い広告・長すぎる広告の目的と意味を考えてみた。
毎日YouTubeを見ています! どうも、あみさかです 昨日YouTubeを見ていたら気になる広告がありました。 1時間半ほどの広告です。 長すぎる広告でちょっと気になったので、長時間の広告の目的を考えて...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました