さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

7か月目にしてやっと累計10000PV達成!「ブログ運営半年間の道のり」

スポンサーリンク

ブログに命を燃やしています!

どうも、あみさかです

 

累計10000PVを突破しました。

f:id:solodays:20190415132236j:plain 

ここまでの道のりは長かったです。

半年を少し過ぎ、ブログ運営7か月目に突入しています。

 

というわけで、累計10000PVまでの道のりを紹介していきます。

 

 

10000PVまで時間がかかった理由

f:id:solodays:20190415161333j:plain

専業ブロガーの方で10000PV達成までに半年かかるのは遅すぎると思われます。

あまり更新していないブログであれば半年かかるのも分かりますが、僕は毎日更新して1記事以上投稿しています。

 

10000PV達成までに半年かかってしまった理由は2つあります。

 

最初の3ヶ月はサボっていた

仕事をサボる人のイラスト(ゲーム)

2018年は大学中退したということで悩みごとが多く、精神的にも万全じゃなかった。

そのため記事をなかなか書くことができず、内容の薄い記事ばかりでした。

 

毎日更新を始めたのは2019年の1月からです。

そのため、2018年の10,11,12月はだれにも見てもらえないブログでした。

 

その3ヶ月間は本当のニートで、気が向いたらブログを書こうというぐらいの気持ちでいました。

 

毎日更新を始めるようになった2019年からはやる気を出して、自称専業ブロガーとして頑張っています。

 

9000PV以上は2019年からのものです。

2018年の最初の3ヶ月は本当に無駄な時間を過ごしていました。

そこで頑張っていれば全然違っていたのでしょう。

 

バズが一度も起こらなかった

そして、僕のブログではバズが一回も起こりませんでした。

どこかに取り上げられることもなく、安定した右肩上がりのグラフになっています。

 

バズを狙った記事を書いているわけでもなく、長期的に検索流入が入ってくれば良いなと思っているので別にいいんですけどね。

 

まるでこれまでの僕の人生みたいです。

特に目立つこともなく淡々と進んでいきます。

 

ただ、僕の人生とブログには大きな違いがあります。

成長しているということです。

僕の人生は平坦か右肩下がりなのに対して、ブログは常に右肩上がりの状態です。

 

でも、僕が大学を中退したようにブログを途中で投げ出してしまうんですかね。

それだけは無いように気を付けます。

 

毎月PV数が倍増する僕のブログ

そんなスローペースな僕のブログですが、PV数の増え方も一定を貫いています。

急激にアクセスが増加することが無いからですね。

 

急激にアクセスが増加しなくても、何とかPV数を先月比で倍にすることができています。

 

それは、毎月策を練っているからです。

2019年に始めた毎日更新から始まりました。

 

  • 1月、中旬から毎日更新を開始
  • 2月、毎日更新を継続して1ヶ月間やりきる
  • 3月、週10記事で記事量産体制へ
  • 4月、「ー野球観戦ブログ(仮)ー」で同じ趣味の人にブログを見てもらう

 

このように、同じことをし続けるのではなく、新しいことを毎月やるようにしています。

 

根本に毎日更新というものがあるため、記事数は急激に増加しています。

 

この先の予定では、

  • 5月、Twitterをフル活用し、幅広く読者獲得に動く
  • 6月、未定
  • 7月、20歳という人生の節目を迎えるため色々考えてある

 

6月はまだ決まっていないのですが、7月に20歳を迎えるので成人らしいことをしていこうと思います(笑)

 

これからもPV数が倍になるというペースを守っていけたらいいなと思います。

4月は順調なペースで来ています。

 

終わりに

最近気にしているのは記事の制作ペースです。

 

「毎日更新」「野球観戦ブログ(仮)」の2記事が基本となっているのですが、毎日更新で取り扱えないレベルの記事(内容が比較的薄めなネタ)を出すこともあり、3記事出す日も出てきています。

 

ただでさえ200記事を目前にしている中で累計10000PVと釣り合っていないのに、これ以上記事数が勢いよく増えるとPV数の少なさが際立ってしまいます。

 

と言っても、僕は日記を書いているため日記をリライトするのは非常にナンセンスです。

 

毎日2記事のペースは崩せないので、これから書く記事の質を上げていけるように意識していきます。

 

それでは、今日がかけがえのない日となりますように...