YouTubeで1時間半ほどの広告が流れたため、長時間広告の目的と意味を考えた

1時間半の長い広告

毎日YouTubeを見ています!
どうも、あみさかです

 

昨日YouTubeを見ていたら気になる広告がありました。

1時間半の広告

1時間半ほどの広告です。

長すぎる広告でちょっと気になったので、長時間の広告の目的を考えてみることにしました。

 

YouTubeで流れた1時間半ほどの長い広告

YouTubeの長い広告

僕はYouTubeで毎日のようにいろいろな動画を見ているのですが、初めてこんなに長い広告を見ました。

1時間30分を超えています。

もちろんこんな長い時間広告を見ている時間はないためスキップしましたが、少し気になって広告の情報を見てみました。

 

ユーチューバーの方の講演みたいです。

YouTubeの広告でユーチューバーの人が商品やサービスを宣伝する広告などは見たことありますが、この広告で宣伝していたのは「その人そのもの」でした。

詳細な内容は存じ上げておりません。

 

広告の動画の長さによってGoogle側に払わなくてはいけない広告料も変わってくるのでしょうか?

もしそうであれば、長い広告を出すメリットはほとんどなくなってしまうので関係ないのでしょうか?

 

長時間の広告を提供する目的と意味

なぜ、そんなにも長い広告を出したのかというのが気になります。

僕はユーチューバーじゃないので、収益について詳しいわけではありません。

ただ、スキップできる広告は視聴している人が最後までスキップせずに見る、または一定時間以上視聴しないと収益が発生しないと聞いたことがあります。

 

見たい動画があるのに1時間以上の広告を最後まで見る人はいないでしょう。

そうなると、その広告はユーチューバーの人にとってほとんど利益のない広告になってしまいます。

でも、長い広告がついたユーチューバーの人に利益が出なかったとしてもその広告を出している人は何らかのメリットがあるからやっているのでしょう。

 

その理由は2つ考えられます。

1つ目は、他の広告とは違うということです。

僕もわざわざ記事を書いているように、数十秒・数分の広告のが多い中で急に1時間を超える広告が出てくると気になってしまいます。

 

広告の内容に興味が無いとしても「なんでこんな長すぎる広告が流れているの?」と疑問に思い、その広告の情報を開いてしまう人もいるでしょう。

今回の広告では、そのユーチューバーの人のチャンネルの動画が表示されました。

「広告が長い」→「どんな人の広告だろう?」と考えさせて自分の動画を視聴させるということを狙っているかもしれないということです。

 

広告の内容にインパクトを持たせるよりも、広告の時間が長い方がよりインパクトがあります

よく考えられた広告ですね。

 

2つ目は、その広告に興味のあるごく一部の人をターゲットにしているということです。

今回の広告ではYouTubeやユーチューバーに関する広告だったので、YouTubeを見ている人に興味を持ってもらいやすいと考えられます。

とは言っても、YouTubeの広告をスキップせずにちゃんと見るという人はあまり多くないと思います。

 

その広告に興味を持ったとしても、自分が見たい動画よりも優先して見たいと思うのは稀なことです。

それに、唐突に出てくる広告が1時間半と長ければ、最後まで見る時間のある人はほとんどいないでしょう。

 

ただ、その広告が何万回、何十万回と流れれば最後まで見る人がいたとしてもおかしいことではありません。

1万人に1人ぐらいしか最後まで見る人がいなかったとしても、興味を持っている人をピンポイントに狙った広告であれば効果があったと言えます

ターゲットをごく一部に絞り、長い広告を見てもらおうという考えなのかもしれません。

 

終わりに「広告のシステムは分からない」

僕はブログをやっているので広告に関しては多少知識がありますが、YouTubeの動画になっている広告とは全く違います。

ただ、1時間以上の広告は流石に煩わしいと思ってしまいます

 

もちろんブログの広告を嫌だと感じる人もいると思うので、そこは人それぞれなのでしょう。

僕もそのうちブログだけでなくYouTubeもやろうかなと考えていますが、環境が整っていないうえにブログでの収益もほとんど得ていません。

「二兎を追う者は一兎をも得ず」と言うように、中途半端にならないようにブログを精一杯やってからにします。

 

それでは、今日がかけがえない日となりますように…

 

コメント

  1. 匿名 より:

    寝オチ視聴者狙いでは?
    長時間広告もフル再生

    • あみさかあみさか より:

      やっぱり画面を操作できる状態にも関わらず、1時間以上の広告をスキップせずに見ることはありませんよね。
      フルで流してもらえるチャンスは寝落ちなどそのような場合しかなさそうです。

  2. 匿名 より:

    企業側とユーチューブ側の広告契約がどういう感じかわかりませんが、ユーチューブで広告が最後まで見られた場合に企業側が広告料を請求される契約ならば、

    ①興味の無い人は最後まで見ない→企業が広告料を払わないで済む(少なくて済む)
    ②興味のある人は最後まで見る →企業が広告料を払う

    ①の場合はユーチューブが投稿者に広告料を支払わなくて済む
    ②の場合はユーチューブが企業側から広告料を貰っているので、投稿者に広告料を払っても痛くない

    という、ユーチューブ側が有利で動画アップ者が一方的に不利な企てだと邪推してしまいます。
    投稿者側からしますと、アップした動画にしっかりと関連した15秒程度の誰でも最後まで見てくれる広告が好ましいですよね!

    • あみさかあみさか より:

      確かに、動画の投稿者目線では最後まで見てもらえる広告の方がおそらくメリットが大きいですよね。
      すぐにスキップされてしまうような長い時間の広告よりも、邪魔にならない程度の短い広告の方が最後まで見てくれる人が多いと思います。

タイトルとURLをコピーしました