大学中退(退学)したときの奨学金の手続きについて【中退以外の場合でも参考に】

スポンサーリンク

大学中退後の命を燃やしています!
どうも、あみさかです

 

大学を退学・中退するときの手続きの仕方【退学許可が下りるまでの一連の流れ、退学届や面談など】
大学中退後の人生に命を燃やしてます! どうも、あみさかです 少し前に、大学から退学許可通知書が届きました。 内心ほっとしているところもありますが、この判断が正しかったのかどうかはまだわかっていません。 た...

こちらの記事で大学を中退したところまではご紹介したのですが、その後奨学金の手続きが一通り終了しました。

というわけで今回は、奨学金の返済についての手続きを説明いたします。

中退でない場合の奨学金の返済の手続きについても参考になると思いますので、読んでいただければと思います。

 

スポンサーリンク

奨学金返還の資料や申し込み書が届くまで

僕は高校3年生の時に奨学金を申し込んで、半年ぐらい大学で第一種奨学金を受けていました。

ですが、先ほども書いたように大学1年目の途中で中退を決意しました。

中退についての思いや手続きなどは、先ほどの「大学を退学するときの手続きの仕方」をご参照ください。

 

奨学金は退学の手続きに行ったときに説明してもらえると思いますが、奨学金の手続きを絶対に忘れないように行いましょう。

学生課などで手続きができると思いますが、名前や住所や連絡先を書いて印鑑を押してその場での手続きは終わります。

 

そこで手続きを忘れると、必要のない奨学金を借りることになるので注意しましょう。

僕の場合はその時に「1ヶ月後ぐらいに、奨学金返還についての書類が自宅に送られてきます」というような説明をされたためずっと待っていました。

 

結局、その書類が自宅に届いたのは大学で奨学金を止めてもらってから3か月後のことでした。

中退するタイミングによっても、奨学金の返還のための書類が届くまでの期間は変わってくるのでしょう。

僕の場合は中退をしたのが年末だったため、長い時間がかかってしまったと思われます。

 

奨学金返済の書類が届いてからの手続き

大学の学生課で奨学金を止める手続きをしてから3ヶ月たって、この奨学金返還の手続きを紹介する冊子口座振替(リレー口座)の申込書と、大学から送られてきた手続きの説明の紙などが届きました。

返還に関しては1番シンプルな方法を説明します。

シンプルというのは、同封されている貸与奨学金返還確認票に書かれている通りに返還する方法です。

 

細かく言うと、

  • 貸与金額に間違いがない
  • 奨学生本人、保証人、及び連帯保証人の住所などに変更がない
  • 返還の回数や割賦金通りに返還する予定である

この3点に問題が無ければこれから説明する通り(僕が行った手続きと同じ)行えば問題ないでしょう。

 

ただ、確認のために必ず冊子に目を通しておきましょう。

その3点に問題があったり、疑問などがある場合には冊子を参考にして手続きを行ってください。

第二種奨学金などの利子が発生する場合には、一括で返す方が払うお金が少なくなるはずです。

 

奨学金返済の口座振替の手続き方法

まずは「貸与奨学金返還確認票」に間違いがないかを確認してください。

間違いがなければ、口座振替・リレー口座の加入申込書を書きます。

書き込む用紙が3枚重なっているものは、1番上の紙に書いたものが下の紙に写るので切り離さないようにしましょう。

 

表紙になっている紙の表と裏に記入例や書き方の注意点が書いてあります。

よく読みましょう!

 

書き方は2パターンあります。

  • ゆうちょ銀行の口座から払い込みを行う
  • 金融機関(銀行など)の口座から払い込みを行う

自分に当てはまる方だけを記入します。

 

自分で書き込むのは太線で囲まれた部分です。

右上の日付は銀行で申し込みを行う日を記入します。

 

ゆうちょ銀行か金融機関の部分に間違えずに自分の口座の情報を記入します。

印鑑は自分の口座を作った時の印鑑です。間違えずに押しましょう。

金融機関コード、店コードという欄は赤字で書いてある通り金融機関の方が記入する欄なので空欄のままで大丈夫です。

 

次に上から3番目の大きな太枠を記入します。

自分の場合は奨学生番号がすでに印刷してありましたが、書いてなかった場合は「貸与奨学金返還確認票」に書いてあるので記入しましょう。

 

勤務先の欄は絶対に記入する必要があります。

僕みたいに(専業ブロガーという実質無職の状態の人など)勤務先がない場合は、右端にあるチェック欄(無職、就職活動中、在学)の当てはまる部分にチェックを書きましょう。

 

最後に、中退(退学)の場合は右下にある「辞退・退学等で…」という部分にチェックを書き入れることを忘れないように注意しましょう。

ここまでで書類の作成は終わりです。

 

申込みのための金融機関での手続き

次は、この書類をゆうちょ銀行か金融機関の自分が選択したところへ持っていき、口座振替の申込の手続きを行います。

持ち物はこの書類だけで大丈夫です。

手続きが終わると、表紙の紙と1番下にあった紙(預・貯金者控)というものが返ってきます。

 

控えの紙の下の方に

  • 申し込みをした日
  • 申し出確認
  • 受付の方(あるいは責任者)の印鑑が

がありました。

 

そのあとは、手続きを終了したことを大学に報告します

先ほど紹介した冊子では、銀行で返していただいた控えの紙のコピーを大学に送るとなっています。

僕の大学の場合は、控えの紙を送ってくださいというプリントが同封されていたので控えの紙を封筒に入れて送ったら、すぐに大学から控えの紙のコピーを取りましたという紙と控えの紙が返ってきました。

ということで、手続きは終わりです。

 

奨学金の返還は貸与終了の翌月から7ヶ月目となる月の27日に引き落としが始まると冊子に書いてありました。

(追記)こちらに書いた通り、貸与終了となった翌月から数えて7ヶ月目となる27日に奨学金の引き落としが始まりました。

 

終わりに「貸与型奨学金は借りたお金」

「奨学金をわざわざ借りておいて中退した」ということについて、良くないんじゃないかと思われる方もいるかもしれません。

ですが、自分が大学を卒業するためには奨学金を借りないと学費が足りないという事実があったので仕方がないことですし、大学に入ったときは自分が中退するなんて思ってもいませんでした。

 

たぶん、この記事を読んでくれている人は奨学金をすでに借りた人だと思いますが、奨学金というのは借金です。

奨学金はもらったお金ではないので無駄遣いは厳禁です。

 

僕の場合は中退で借りた額は少ないので、まだ奨学金には手を付けていない状態です。

そのため、僕は返済に不安はありません。

ただ、奨学金は長い期間で返していかなければならないものなのでむやみに奨学金を借りないようにしてください。

 

それでは、今日がかけがえのない日となりますように…

 

学業
スポンサーリンク
フォローする
さよなら無気力な日々よ

コメント

タイトルとURLをコピーしました