9月24日の空日記を更新しました『台風は来なかった』
今週の空日記へ

リストレスト付きマウスパッドを使うとマウスを操作する手が楽になりオススメです。

スポンサーリンク

PC操作に命を燃やしてます!
どうも、あみさかです

 

先日、注文していたリストレスト付きのマウスパッドが届きました。

まだ届いたばかりですが、気に入って使ってます。

というわけで今回はリストレスト(クッション)マウスパッドを使うと、パソコンの操作が少し楽になるのではないかということを紹介します。

 

スポンサーリンク

マウスパッドを購入するまでの経緯と理由

この僕が購入したマウスパッドは、楽天市場で見つけました。

そもそもなぜマウスパッドを買うことになったかというと、楽天カード(デビットカーで)を発行したときにもらった1000ポイントの期間限定ポイントの期限が切れてしまいそうだったので、1000円ぐらいのパソコンの周辺機器を探していました。

 

その時にストレスト付きマウスパッドが送料込みで980円ということと、使ってみたいなぁという好奇心で購入しました。

注文してから3~4日後にメール便としてポストに投函されていました。

 

リストレストを使った感想、負担が減った

ここから、本題にはいります。

こちらはELECOMさんの商品です。

感想を一言でいうと「何も使っていないときと比べて楽になる」ということです。

僕は青色LEDのマウスを使っているのでマウスパッドは必要としていませんでしたが、買ってよかったなと思ってます。

 

その良い点を挙げると、1つ目は手首の部分が痛くなく、冷たくないということです。

いつもはテーブルに手の付け根の硬い骨がある部分をつけてマウスを操作していましたが、低反発のリストレストに手首がフィットするので楽に腕を置けます。

そして、冬はテーブルがひんやりとしていますがリストレストの部分が布なので冷たくなくて嬉しいです!

 

2つ目は机からずれにくく、マウス操作面はスムーズで静かに操作できるところです。

裏面はゴムになっていて滑りにくいので、マウスパッドが滑ってイライラするということはありません。

尚且つ、マウス操作面は滑らかにマウスを動かせますが、勝手に滑り落ちるということもありません。

 

そしてマウスパッドとマウスの相性かもしれませんが、静かに操作ができるようになりました。

ただ、商品を購入するときにレビューを見てみるとマウスパッド自体が少し小さいということが書いてありました。

 

実際にマウスを置いてみるとこんな感じです。

確かに見た目は小さいかもしれません。

 

しかし、使ってみるとそうでもありませんでした。

僕の使っている(画像の)マウスは分解能が800dpiと1600dpiを切り替えられ、普段は1600dpiで利用しています。

※ちなみに12.5型のノートパソコンを使っています

 

1600dpiでは、余裕で画面全体を選択できます。

800dpiだとカーソルを画面全体に移動させることが出来るのですが、マウス自体は少しはみ出てしまいます。

 

そのため、800dpiのマウスではこのマウスパッドを小さいと感じるかもしれません。

分解能の数字が大きいマウスであれば全然問題ありません。

ちなみにこのマウスについてはこちらの記事で紹介しています。

使いやすいマウスの選び方【静音、分解能、接続方式】
マウス選びに命を燃やしてます! どうも、あみさかです 今日、新しいマウスを買ってきたのでマウスについて書いていきたいと思います。 これが買ってきたBUFFALOのマウスです。 なぜ新しいマ...

 

終わりに「クッションがあると楽になる」

1000円であればこのリストレスト付きマウスパッドは、とてもいい買い物であったと思います。

手と腕が楽になり、操作性も静音性も上がりメリットだらけです。

 

しいてデメリットを挙げるとすれば、ノートパソコンと一緒に持ち歩くのは正直めんどくさいということぐらいです。

少し重さもあるため、持ち歩くにはもっと軽いマウスパッドを探したほうが良いです。

 

リストレストがついていないマウスパッドよりは全然良いですね。

長い時間パソコンを使う方であれば、手にかかる負担は小さくなります。

もう少し、パソコンの周辺機器をそろえていきたいと思っているのでまたパソコンの周辺機器を買ったときには紹介させていただこうと思います。

 

それでは、今日がかけがえのない日となりますように…

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました