さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

独断でロッテの2019年スタメン予想(野手のみ)【個人的に期待する選手も紹介】

スポンサーリンク

ブログに命を燃やしています!

どうも、あみさかです

野球のイラスト「バットを振るバッター」

 

2月17日(2019年)にロッテのファンクラブ会員向けのチケット先行販売(3,4月分)がありましたね。

僕は、開幕戦を内野指定席IBで取りました。

本当は内野指定席Aをとりたかったのですが、レギュラー会員(M2)なので、僕が買える時間には売り切れてしまっていました。

 

でも、開幕戦のチケットをホーム側で取れてよかったです。

先行発売当日にホーム側の席が売り切れてしまっていたので...

 

それと、先々行販売で抽選に外れてしまったシートMロッソは残念でしたが、4月中の平日にシートMロッソのチケットを取っておきました

雨などで試合中止にならなければ、シートMロッソで観戦した感想を書こうと思っています。

www.amisaka.com

というわけで、シーズンの開幕が少しづつ近付いてきたので、

野球ファンなら絶対にやるであろうスタメン予想をさせていただきます。

 

僕の独断と偏見が入っていますので違う考え方の人もいると思いますが、あくまでも独断のスタメン予想です。

2018年のオーダーも参考にしながら考えていきます。

 

 

2018年開幕戦オーダー

1番 荻野 貴司
2番 藤岡 裕大
3番 中村 奨吾
4番 井上 晴哉
5番 鈴木 大地
6番 菅野 剛士
7番 福浦 和也
8番 田村 龍弘
9番 加藤 翔平

 

出典:千葉ロッテマリーンズのスタメン一覧(打順) - プロ野球データFreak

 

2018年の外国人野手はドミンゲス選手とBCリーグのペゲーロ選手の2人でしたが、起用も少なく和製の打線になることがほとんどでしたね。

綺麗に漢字4文字で揃ってます(笑)

 

開幕のこの並びを見ると、やはり打線に怖さをあまり感じられませんでした

 

僕は昨シーズンは少し忙しくて、開幕戦1試合しか観戦に行かなくて負けてしまったので観戦時の勝率は0%でした。

今年はたくさん見に行く予定なので、勝利もたくさん期待してます!

 

2018年最終戦オーダー

1番 中村 奨吾
2番 藤岡 裕大
3番 角中 勝也
4番 井上 晴哉
5番 鈴木 大地
6番 岡 大海
7番 菅野 剛士
8番 吉田 裕太
9番 平沢 大河

 

出典:千葉ロッテマリーンズのスタメン一覧(打順) - プロ野球データFreak

 

2018年シーズンは井上選手中村選手の目覚ましい活躍が良かったです。

それに、田村選手の捕手での全試合出場や平沢選手の成長もありました。

 

しかし、結果は5位長打力不足ということもあり、井上選手並みの長打力のある選手が2,3人必要だということを実感したシーズンでした。

 

2019年からの新戦力(野手のみ)

2019年に新たにマリーンズに入団した野手は、

 

新外国人

バルガス選手

レアード選手

 

ドラフト

藤原 恭太選手

山口 航輝選手

松田 進選手

 

他球団からの移籍(日本人選手)

細川 亨選手

茶谷 健太選手育成契約)

 

以上の7名の野手が新加入しました。

 

バルガス選手のパワーは魅力的ですね、レアード選手も日ハム時代の実績があるのでこの2選手の長打に期待したいです。

 

藤原選手山口選手の高校生2人にも期待したいです。

ただ、高卒の選手ということもあり今シーズンの活躍だけではなく長い目で見て活躍してスター選手になってほしいです。

 

松田選手は社会人の即戦力として獲得しましたがポジションがショートということもあり、まずは激しいポジション争いから勝たないといけないです。

ですが長打力のある遊撃手ということで他の選手にはない魅力があります

 

細川選手は、捕手としても捕手の育成役としても、正捕手争いのない状態だった2018年のシーズンから捕手全体の底上げ役として期待したいです。

 

茶谷選手は育成契約ということや支配下選手の空きが1人という厳しい状況ですが、ソフトバンクの育成契約を断り、わざわざロッテに来てくれたということは遅くとも来年のオフには支配下にはいるのでしょう。

今シーズンは1軍で見られるかは分かりませんが期待したいです。

 

2019年のスタメン予想

というわけで2018年のオーダーや新戦力の選手を踏まえて2019年シーズンのオーダー予想します。

 

1番 中 荻野 貴司

2番 左 角中 勝也

3番 二 中村 奨吾

4番 一 井上 晴哉

5番 DH ケニス・バルガス 

6番 三 ブランドン・レアード

7番 鈴木 大地

8番 捕 田村 龍弘

9番 右 菅野 剛士

 

キャッチャーは田村選手が1番手ということは今シーズンも変わることはないでしょう。

2番手、3番手と頼れるキャッチャーに出てきて欲しいです。

 

ファーストの井上選手セカンドの中村選手も昨シーズン並みの活躍、それ以上の活躍をしてくれることを期待しています。

 

DHは新戦力のバルガス選手が確定しているものだと思っています。

規格外のパワーに期待したいですね。

 

激しいポジション争いになっているサードは1発のあるレアード選手に期待したいです。ただ、昨シーズンサードを守っていた鈴木選手新人王も期待される安田選手もいるのでまだまだ分かりません。

 

ショートは昨シーズン143試合すべてに出場し、守備で貢献した藤岡選手に期待されますが出遅れてしまっているようです。

もちろん今シーズンも藤岡選手に期待はしていますが、あえて鈴木選手を選ばせていただきました。

鈴木選手はサードのポジション争いもしていますが、藤岡選手が万全な状態になるまでは鈴木選手がショートという選択肢はありだと思います。

平沢選手は昨シーズンライトでの出場が目立っていて、もちろんショートを守れるという強みを持っていますが、層が薄くなってしまっている外野手として強肩を見せてもらいたいなと思います

 

外野手は、荻野選手、角中選手、菅野選手に期待しています。

角中選手は万全な状態であれば3割打ってくれると信じています。ケガだけには気を付けてほしいです。

荻野選手はケガがなければ1番バッターとして固定されると思います。

今シーズンこそ、フルで戦ってほしいです!

そして外野手の最後の1枠は、僕が1番好きな菅野選手に期待しています。中村選手との自主トレで覚醒したと信じて大活躍を願っております。

 

ただ、外野手は

  • 再起をかける 清田選手
  • 昨シーズン日ハムからトレードで来た 岡選手
  • 3球団競合のドラ1 藤原選手
  • 大器の片鱗を見せる 平沢選手
  • 走攻守三拍子そろった 加藤選手

外野は層が薄いといっても、期待できる選手はたくさんいるのでオープン戦での結果が重要になってくるでしょう。

 

終わりに

昨シーズンは外国人打者、長距離砲の不在に悩まされたシーズンでしたが、今シーズンからはホームランラグーンが出来て本塁打数は増加すること間違いなしです。

ただ、ホームランラグーンが出来た分だけホームランが増えても他球団も同じ環境のため意味がありません。

 

新戦力の選手にはもちろん期待しますが、それ以外の選手が成長、活躍しないと「マウエ」を目指すことはできないので、野手陣の底上げに期待したいです

(菅野選手、頑張ってください!)

 

先発ローテーション予想もしたので是非

www.amisaka.com

 

それでは、今日がかけがえのない日となりますように...