さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

運動音痴の僕でも体育の成績で5が取れる!【真面目な生徒の特権】

スポンサーリンク

ブログに命を燃やしてます!

どうも、あみさかです

 

そういえば、高校受験がもう始まっているところがあるみたいですね。

僕は高校受験の時、当日の点数は良くなかったですが(点数の開示には行かなかったです)内申点で稼いでいた分があったので第一志望の高校に入ることが出来たと思っています。

やっぱり高校受験に内申点は重要ですよね。

 

というわけで今回は、内申点についてを少しと運動音痴な僕が体育で5をとったことについて説明します。

 

 

内申点とは(私立高校と公立高校での重要さの違い)

通知表のイラスト

内申点というのは、通知表に記載される教科ごとの評価です。

教科ごとに5点満点(それ以外のパターンもある)で評価される受験に大切な数値です。

 

僕の中学の場合、内申点が受験に関するものであったのは1年生の前期、後期、2年生の前期、後期(2期制だったため)そして3年生の前期です。

3年生の後期が評価に入らないのは、成績が出るころにはもう受験が終わってしまっているからです。

 

それ以外にも、漢検や英検、部活動の部長や生徒会に所属などで加点されることもあります。(学校ごとに評価のされ方は違う)

 

地域や学校によって、高校受験に関する評価に時期が変わることもあると思いますので、あくまでもこれは1つの例と考えてください。

 

私立高校のパターン

私立高校だと基準が様々なので、何とも言えないですが

これも、僕の受験した学校のパターンで紹介させていただきます。

 

私立高校には推薦入試というものがあります。

と言っても、推薦だから有利というわけではありません。

高校受験での推薦は、推薦というよりは足切りみたいなものです。

その基準を満たしていなければそもそも受験資格がありません。

 

大抵は5教科(国、数、英、理、社)や3教科(国、数、英)のパターンです。

ただ、体育系の高校だと体育の評定が4以上などの基準がある場合もあります。

 

僕が受けた私立高校(滑り止め)は2種類のコースがあり、1つは基準が低く5教科で15以上(25点満点)コースで、もう1つは5教科で21以上という少し高めのコースです。

もちろんその高いコースに行った方がいい大学を狙えるのでしょう。

※ちなみに3年生の前期だけの評価のみが基準でした。

 

僕は、5教科で23あったので余裕でした(笑)

その基準を超えると受験資格が認められ、筆記と面接の試験を受けられます。

ただ、滑り止めなので別にどこでもいいやと思ってました。

もちろん、そこは合格してましたが公立高校に進学しました。

 

公立高校のパターン

僕は千葉県の人間なので、4年前の千葉県の入試のパターンです。

公立高校では、受験するのに必要な評定(通知表の点数)が決まっているわけではありません。

 

そのため、中学生の間の評定(9教科全てを含む)

1年生の前期、後期の平均(5×9教科で45点満点)

2年生の前期、後期の平均

3年生の前期の評定

それを全て足して45×3年間で135点満点になります。

 

この点数は受験に大きくかかわってくるので、美術や体育でも内申点を稼いでおきましょう

 

運動音痴な僕が体育で5を取ったわけ

運動音痴のイラスト

前置きの説明が伸びてしまって申し訳ないです。

僕が言いたいことは体育の評定も重要だということです。

「勉強はそこそこできるけど体育はちょっと」と思っている人でも5をとれる可能性は十分にあります。

 

そもそも、通知表の評価基準はどうなっているのかを見てみましょう。

  • 運動や健康・安全への関心・意欲・態度
  • 運動や健康・安全についての思考・判断
  • 健康・安全についての知識・理解
  • 運動の技能
この4項目のパターン(あるいは類似したもの)がほとんどだと思います。

この4つの中で1番評価を上げるのが難しいのが「運動の技能」ですよね。

ですが、とりあえず順番に見ていきましょう。

 

「関心・意欲・態度」、「思考・判断」の評価を上げるには

「関心・意欲・態度」、「思考・判断」の評価を上げるのは簡単に出来ることです。

ただ、やる気を出して体育が嫌でも一生懸命、そして真面目にやっているところをアピールすればいいだけです。

授業の後の反省の用紙とかがあれば、そこを適当に書くのではなく、反省したうえで次につながることを書きましょう。

 

反省というのは、その日にやったことやあったことだけを書いても良い評価は受けられません。

重要なのは次にどうつなげるかということを書くことです。

例として、「サッカーでパスがつながらなかった」ということがあれば、

「パスのつながりが良くなかったので、声を出したり、パスの練習に時間を使う」

などの改善点を出して、改善策を書きましょう

 

結構、体育の教師はそういうところをしっかり見ています。

そういう細かいところでも、やる気があるということをアピールしましょう。

 

「知識・理解」の評価を上げるには?

知識、理解は筆記のテストやレポートなどを的確にこなせば問題ありません。復習をしておきましょう。

 

「運動の技能」

問題なのは技能です。

技能というのは練習してあげる方法をとるのが1番ですが、もちろん全ての種目が上手にできる人は少ないですし、そもそも運動が苦手という人も多いと思います。

 

だからと言って諦めるのはまだ早いです。

運動が苦手で評定が2,3という人でも種目によっては4,5をとるのも夢ではありません。

 

個人競技の成績を上げるためには先生に気に入られるという方法しかない

評価を上げやすい種目は団体競技です。

そのためまず、個人種目の方から説明しますが

個人でやる種目をいくつか挙げると

  • 陸上
  • 水泳
  • マット
  • バドミントン

このあたりの個人種目は、記録などの結果を出さないといけないので上達していかなければいい成績は望めません。

 

しいて言うならば、先生に気に入られることぐらいしかないですね(笑)

僕は、レポートとか手伝いとかをきっちりとやっていたら体育の先生に気に入られたみたいで何かと気にかけてもらっていました。

 

そのため、 運動音痴ということは先生に知られていましたが、運動音痴なのに努力して練習しているという点を認められたみたいでどんどん評価が上がっていきました。

それに加えて、授業で使う道具の準備とか片付けとかを手伝っていたので印象が良かったみたいです。

 

 団体競技は運動音痴でも評価を上げられる

団体競技は運動音痴の人でも高評価を得られるチャンスです!

主に球技になりますが、

  • バスケットボール
  • サッカー
  • バレーボール

などの競技が特にアピールできる場です。

 

バスケットボールとサッカーはとにかくボールを触ることを意識しましょう

まずは、ポジションですがディフェンスをやりましょう

初心者がオフェンスをしたところでボールに触ることすら難しいです。

ディフェンスならば、ボールに触れないとしてもプレーにかかわることはできます。

 

もしボールを持ったら必ず前にパスを出しましょう。

サッカーでもバスケでも後ろへのパスミスは印象が良くありませんが、前の味方がいるところにパスを出せばパスがつながらなくても積極性がある印象になります。

 

バレーボールで1番大事なのはサーブです。

相手のサーブが上手ければレシーブミスしてもしょうがないです。

 

ただ、サーブミスは言い訳できませんし、場が白けてしまいます。

とにかくサーブを練習しましょう。

サーブだけできればレシーブはとにかく高く上げて味方が拾ってくれる可能性にかけましょう。

 

+αとしてそのスポーツが得意な人からアドバイスをもらっていうことを聞きましょう。

上手い人から聞くことによってその人にやる気を伝えておけば、パスを回してもらえたりサポートに入ってくれたりもします。そうすることで先生にアピールすることもできますし、うまく見せられる可能性もあります。

重要なのはアピールです。

 

終わりに

僕の場合は、運動能力は高くなかったですが通知表で5が付きました。

その理由は、とにかく真面目さを先生にアピールしたことと、サッカーでディフェンスをしてボールに触って前に思いっきり蹴るということだけでアピールし続けました。

 

それが評価につながりました。

ただ、先生によっては技能しか見ないという先生もいると思います。

その場合は厳しいかもしれませんが、アピールをし続けることが重要なんです。

 

それでは、今日がかけがえのない日となりますように...