さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

大学を退学(中退)するときの手続きの仕方【退学許可が下りるまでの一連の流れ】

スポンサーリンク

ブログに命を燃やしてます!

どうも、あみさかです

退学願・退学届のイラスト

少し前に、大学から退学許可通知書が届きました。

内心ほっとしているところもありますが、この判断が正しかったのかどうかはまだわかっていません。

ただ、現状は今自分が必死にやっているブログで成功したいという思いしかありません。

 

今回は、退学をすることを決めたところから退学許可が下りるまでの一連の流れを紹介します

(僕の大学での退学の手続きの仕方になるので、全ての大学がこうであるというわけではありません。そして大学名、学部名などは出さずに書いていきます。)

 

 

退学することを決めた理由

僕は、大学1年生の時点で退学をしました

僕が退学を決めたのは理由は2つあります。

学部に対しての熱意がなかった

理系の大学に進学しましたが、やりたいことが定まっていなかったため学部に強いこだわりがありませんでした

そのため、周りの人の勉強に対しての熱意についていけず、

5,6月頃からもうすでに辞めたいという気持ちが出てきました。

 

しかし、入学金を払っていることや教科書もすべて揃えていたこともあり、続けなくてはいけないなという思いもあり、春季(2期制の前期)は真面目に通っていました。

 

夏休みで少し気持ちが楽になり、秋期(2期制の後期)も頑張ろうという気持ちでいましたが、専門性の高い授業が始まると意欲が出ず、このまま大学に4年間通い続けるのは無理だろう、このまま4年間通っても学部関連の職業に就くのも嫌だから意味のない4年間になってしまうだろうという思いがあり大学を退学することを決意したというのが1つ目の理由です。

 

ブロガーに興味があった

大学に通いたくないということのほかに、ブログを書くのが楽しい、ブロガーとして成功したいという思いを持つようになっていました。

 

そのため、大学を辞めてブログを本格的に書き始めようという思いで退学をしたというのが2つ目の理由です。

 

退学願をもらうまで

退学を決意した段階ではまだ、退学願(退学届け)をもらうことが出来ませんでした。

 

退学をするには保証人(親)の承諾が必要です。

もちろん、それは形式上ではなく親が退学を認めてくれるということです。

 

僕の場合は、企業への就職ということではなくブロガーになりたいという理由で退学したいということなので、認めてもらうのは難しいだろうなということは分かっていました。

 

しかし僕の父は、「自分がやりたいことを本気でやるのなら認める」と言ってくれました。

その代わりに、だらだらとした生活をしない。

ブロガーとしてうまくいかなかったら就職しなさいということを条件に、

ブロガーになることに対して背中を押してくれました。

 

正直、僕が思っていた反応とは違っていたので驚きもありましたが、それが自信にもなりました。

 

退学願(退学届け)を提出するまで

僕の通っていた大学では、

退学願をもらうための書類を作成し終わってから、退学願を受け取ることが出来ます。

親の許可もいただき、大学に退学願をもらうための書類を受け取りに行きました。

 

教務課の人との面談

まずは、教務課で退学願をもらうための書類を作成してくれるとのことだったので教務課に行きました。

(この時に学生証が必要になります

教務課に入って、

「退学をしたいのですが」

と伝えると教務課の偉い人が出てきて、「親の許可はあるのか?」ということと、簡単に退学をしたい理由を聞かれました

正直に、ブロガーになりたいから学部に興味が無くなってしまったからと伝えると、言ったことをもとに書類をつくってくれました。

そのやり取りは15分ぐらいでした。

 

自分で書類に書くことは

  • 学籍番号
  • 名前
  • 住所
  • 電話番号
  • 退学したい理由
  • 入学の方式(一般入試・推薦入試など)
  • 取得単位数(聞けば教えてくれる)

などを書く欄がありました。

 

それで教務課の方に面談の内容を記入をしてもらえると、次に学部の先生と面談をする必要がありました

 

学部の担当の先生との面談

ゼミに所属していれば、ゼミの先生と面談をするのですが、

僕の場合はまだ1年生でゼミには所属していなかったため、春季の新入生のオリエンテーション時に分けられたクラスの担任との面談が必要になりました。

 

これが、一番大変でした。

突然先生のもとに押しかけていくのは失礼なので、まずはアポを取らないといけません

ですが、ゼミに入っているわけでもなく、メールアドレスを知りませんでした。

どうしようかと掲示板などにメールアドレスが載っていないか探すと運よく見つかりました。

 

自宅から大学まで1時間以上かかるのでこの日のうちに退学願を受け取っておきたいという思いがあり、大学の中でメールを作りました。

 

担当の先生に送った、退学のための面談についてのメール

※送ったメールと全く同じ文面ではありません。参考にして頂いてもかまいません。

 

件名は「退学届けについて 〇〇〇(名前)」

 

〇〇先生

 

(〇〇大学)〇〇学部〇〇学科〇年 学籍番号〇〇〇〇〇〇 〇〇〇(名前)です。

突然のメールを失礼いたします。

 

このたび、退学することを決めました。

それにともない学部の担当の先生と面談をさせていただく必要があるため連絡させていただきました。

 

本日(〇〇/〇〇 日付)でも、〇〇でも時間は空いていますので、先生のご都合の良い時間をご連絡いただければと思っております。

 

先生もご多忙と存じておりますが、お時間をとっていただけるとありがたいです。

このような結果になってしまい大変申し訳なく存じますが、よろしくお願いいたします。

 

学部の先生との面談

お昼ごろに連絡をして30分後ぐらいに返信があり、夕方ごろ面談をしてもらえることになりました。

 

教授の研究室に行き、退学したい理由を10分ほど話してその先生も退学を認めてくれて、さらに背中を押してくれました

面談の内容を書類に書いていただき、それを持ってまた教務課に戻ると退学願をもらいました

 

退学願の記入・提出、奨学金の停止

退学届けには、親の署名、捺印と僕の署名、捺印

それと、退学理由を記入する欄がありそこには「一身上の都合」と書きました。

 

再度教務課を訪れ、学生証の返却と、退学願を提出して退学の手続きは終了しました。

 

そのあとに奨学金を止めてもらう書類を書いて(印鑑が必要)

大学で行う手続きが終了し、その日が最後に大学を訪れた日になりました。

 

ちなみに、親や家に電話がかかってくるということはありませんでした。

 

退学許可通知書が届くまで

退学願を提出すれば、ほぼ退学が認められたことになりますが、

厳密には、教授会にかけられてから退学が認められることになります。

 

教授会で退学を認められると、郵送で退学許可通知書が届きます

そこで退学が認められたということを知りました。

 

まだ届いていないですが、奨学金の返済の書類もこれから届くみたいです。

奨学金の手続きについてはこちらをご参照ください

www.amisaka.com

 

終わりに

退学するのにこれだけの手続きを用意しているのは、退学したいという気持ちをそぐためかもしれません。(僕は、手続きがめんどくさそうだから退学を少しだけ先延ばししましたw)

 

ただ、教務課の人も学部の先生も僕の夢を否定するということはしてきませんでした

だからこそ自信をもってブログを書き続けていけます。

 

退学することが良くないとか、逃げているとか思われることが世の中にはあります。

「1年ぐらい休学すればいいんじゃない?」と思われることもあります。

でも、休学するのにもお金はかかりますし、大学に戻る気がないのであれば退学が正しい選択となります。

 

身の回りに退学にいいイメージを持たない人がいるのであれば、その人を見返すために「反骨精神」で努力して見返してやりましょう。

無理はしないでくださいね。

それでは、今日がかけがえのない日となりますように...