さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

高校生になっても親と出かけるのはおかしいの?【親との外出】

スポンサーリンク

ブログに命を燃やしています!

どうも、あみさかです

立っている大家族のイラスト「親子三代」

僕は、19歳になった今でも毎週ご飯を食べに行ったり、買い物に行ったりしています。

(僕の場合は、毎週毎週なので他人からしたらマザコンと思われるかもしれません)

親と出かけることは何もおかしいことはないと思ってますが、ネット上で「男が親とよく出かけるとマザコンなのか」という質問などがよく見られます。

 

確かに、親と頻繁に出かけていると「彼女がいないのかな?」と思われてしまうことはあるかもしれませんが、

親と出かけるのは何歳でも大丈夫という理由を紹介していきます。

 

 

他人はそんなこと気にしてない

はっきりと言っておきます。

それは、気にしすぎです。

 

そもそも知り合いでもない限り、「あの人親と出かけてるよ」なんて思う人はいません。

 

人間って皆さんが思っているよりも他人を気にしてないんです。

結局のところは皆さんの考えすぎです。

 

ただ、知り合いに見られるのが嫌だという人が多いと思います。

僕も、それは嫌ですね。

家族でファミレスに行ったら知り合いがそこでバイトしてたとか。

 

その対策は、近所の店に行かないという方法が確実です。

 

親と出かけられるうちに出かけた方がいい

自分はまだ19歳なので親も40代50代ですが、もちろん親は自分よりも年上です。

そのため、早く病気になってしまうのも親の方が確率が高いです。

 

一緒に旅行に行ったり、買い物に行ったりというのはいつまででもできることではありません。

 

今は元気でも、明日はどうなのかということはだれにも分かりません。

当たり前だったことが当たり前ではなくなった時、後悔しても時間は戻りません。

 

親は子供と出かけたいと思っている

ここまで子供側の目線で話をしてきましたが、

親目線の話も少し。

 

親からすると、子供と出かけたいという思いはあります。

なぜかというと、

1つ目は、子供が結婚してしまうと一緒に出掛けるということが難しくなるからです。

いつまで一緒に居られるかは人によって違いますが、限られた時間を大切にしたいという思いはみんな一緒です。

 

2つ目は、子供の反抗期が始まってしまうかもという恐れです。

反抗期に親と出かけるということはほとんどないでしょう。

そのため、反抗期が始まる前に子供とたくさん出かけたいという思いから一緒に出掛けたいと思うようです。

 

本当は、みんな羨ましがっている

親子の確執のイラスト(母と娘)

「他人は気にしていないと矛盾してる」と思う方もいると思いますが、

羨ましがっている人は、親とあまり仲良くない人の妬みです。

 

「お前、まだ親と買い物行くの?」という人は親と少し距離を置いてしまっている人で、親と出かけたいと思っていても「一緒に出掛けよう」ということを言い出せない心が狭いかわいそうな人です。

 

そんな人は無視しましょう。

他人を尊重できる人と仲良くなりましょう。

 

終わりに

僕も早く車を買って親と一緒に出掛けたいななんて思っていますが、ブログの収入で車を買えるようになるにはあと何か月かかるんだろうと絶望してます。

 

ブログって大変だな

 

それでは、今日がかけがえのない日となりますように...