さよなら無気力な日々よ

アクティブな人になるためのあらすじ

ソースかつ丼はかつ丼を名乗るな!【卵とじの魅力】

ブログに命を燃やしてます!
どうも、あみさかです

 

f:id:solodays:20191122151119j:plain 

今日のお昼ご飯は、スーパーで買ってきたかつ丼です。

僕はかつ丼が大好きで、週1以上のペースで食べています。

 

今まで何回かTwitterで買ってきたかつ丼の画像を上げているのですが、やはりかつ丼は1番おいしい食べ物だと思うので今日はかつ丼の魅力を書いていきます!

 

 

かつ丼は卵とじだけ

わざわざ、かつ丼は卵とじと書きましたが実際には「卵とじ」という表記は必要ないですよね。

ただ、ソースかつ丼とかいう名前にかつ丼を含むかつ丼もどきがいるせいでかつ丼は卵とじの方かソースの方かどうかという説明を挟む必要が出てきてしまうんですよね。

 

本当にソースかつ丼は許せないです。

かつ丼にソースかけるんだったら定食にでもすればいいじゃないですか、なんで丼にする必要があるんですか!

「かつ丼を名乗るな!」僕はそう言いたいです。

 

かつ丼の魅力

僕が思うかつ丼の魅力を紹介していきます。

 

卵でとじて脂っこさが無くなる

揚げ物は美味しいですが、お腹がいっぱいになるまでに胃もたれしてしまいますよね。

でも、かつ丼はいくらでも食べられるといっていいぐらいしつこさがないです。

 

そのうえ、冷めても美味しいという揚げ物ではありえない強みも持っています。

脂っこいというとんかつの欠点を消してくれるのが卵とじです。

 

そば屋、うどん屋のだしと返し

かつ丼は、どこでも食べれます。

  • とんかつ屋
  • 和食屋
  • 定食屋
  • スーパー
  • コンビニ
  • そば屋、うどん屋、etc.

様々な場所でかつ丼を食べることができますが、やはりおすすめするのはそば屋うどん屋のかつ丼です。

そば屋に行ったら必ずかつ丼を頼みます。そばとのセットメニューがあると嬉しいですね。

 

そば屋、うどん屋にはつゆに使われる「だし汁」「返し(醤油メインの調味料)」がかつ丼には抜群に合うので、完璧な味付けのかつ丼を食べれるはずです。

 

はずれがないわけでもない

「かつ丼にはずれはない」、つまり「かつ丼はどこで食べても美味しい」と言いたいところですが残念ですがそうとも言い切れません。

 

もちろん、はずれのかつ丼はほとんどないのですが一つだけ食べていて胃もたれするかつ丼がありました。

 

ある大学の学食の、かつ丼の味付けが以上に濃くて気持ち悪くなってしまいます。

醤油を多量に使っているのか、豚肉の脂身が以上に多いのかの二択です。

まあこの先、僕がその大学の学食を食べることはないのでいいのですが。

 

ただ、おいしくないかつ丼に出会う確率は1%もないはずです。

 

上にのっている三つ葉の存在意義

これは、よくわかりません。

いろどりの問題でしょうが、味は決して美味しいとは言えません。

無くても問題ないでしょう。

 

終わりに「自分で美味しく作りたい」

かつ丼をよく食べるのですが、家の近くにそば屋やうどん屋はないのでスーパーのかつ丼で我慢していますが、出来立ての美味しいかつ丼を食べたいのでおいしいかつ丼をつくれるようになりたいと思います。

 

かつ丼作ったらブログにあげます。

必ず作ります

 

では、今日がかけがえのない日となりますように...