さよなら無気力な日々よ

アクティブな人になるためのあらすじ

【ブログの挨拶と締めの言葉】個性を出して書き出しをスムーズに

どうも、あみさかです

いきなり話がそれますが、

f:id:solodays:20191121221448j:plain

パソコンのマウスがお亡くなりになりました。

悲しいことに、この記事を作成中に使っていたマウスが全く反応しなくなってしまいました。

以上マウスの報告でした。

 

 

挨拶文と締めの言葉はブログの個性に

それでは、本題に入ります。

予告通りブログの挨拶と締めの言葉について考えていきます。

 

挨拶と締めを決めたいと思う理由は、これから毎日更新を行うにあたって決まった挨拶にすることで、

「この挨拶といえば」と記憶に残りやすくなります。

 

つまりそれがブログの個性になります。

あとは、毎回挨拶を考えるのも大変なので「これだ」という挨拶を決めたいと思います。

 

ブログの挨拶文の決め方

まずは、ブログの挨拶文の決め方から紹介していきます。

インパクトがあり、かつ本文を邪魔しない程度の長さの挨拶にしようと考えました。

 

挨拶文の決め方の方針

挨拶は記事の一番最初の文になるので、スムーズに本文に入っていただけるもの、

そしてインパクトがあり、この挨拶といえば「あみさかの記事だ」と思ってもらえるものにしようと思います。

 

あとは、毎回使う予定なのであまり長くない挨拶にした方がくどくなく、本文の邪魔をしないです。

 

僕が使用するブログの挨拶

ブログに命を燃やしてます!
どうも、あみさかです

 

この挨拶にした理由

挨拶文・締めの言葉に共通することですが、とても悩みました。

 

このような文になった理由は、

挨拶・締めを考えている最中に曲を聴いていたのですが、その時に「かりゆし58」さんの「オワリはじまり」という曲が流れていいなと思うフレーズがいくつかあり影響を受けたためです。

 

つまりはブログを全力でやるってことです!

 

ブログの締めの言葉の決め方

次に、ブログの締めの言葉の決め方について紹介していきます。

記事を最後まで読んでくれた人が、またこの人のブログを読みたいと思ってもらえる締めの言葉を考えました。

 

締めの言葉の決め方と方針

ブログの締めは、次もこの人の記事を読んでもいい読みたいと思って頂けるもの

そして記事を読んでいただけた方への感謝の気持ちも入れたいと思います。

締めの言葉も簡潔にした方がいいですね。

 

僕が使用するブログの締めの文

それでは、
今日がかけがえのない日となりますように...

 

この締めの言葉に決めた理由

挨拶文と同じように「オワリはじまり」から影響を受けました。

「今日が」の部分を「毎日が」にしようとも思ったんですが、自分の中で「ブログを書いていく一日一日がかけがえのない日になるように」という願いも込めてこれに決めました。

 

終わりに「次の記事から挨拶と締めを使います」

今回決めた挨拶と締めは、次回の記事から使っていきます。

当分の間はこれを使っていこうと思います。

 

以上です。読んでいただきありがとうございました。