さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

大学1年生の自動車教習日記 Part17「卒業検定」「本免学科試験」それぞれの所要時間や時程・流れも紹介します

スポンサーリンク

前回の教習(Part16)はこちら

www.amisaka.com

 

今回で自動車教習日記が最後となります。

僕自身は無事に免許をストレートでとることができました。

 

今回は「卒業検定」「本免学科試験」について説明します。

内容と合わせて時程や流れも紹介しますが、

あくまでもこれは僕が受けたときの時程です。

 

※人数や受ける場所によって所要時間は異なってきます。あらかじめご了承ください

 

 

卒業検定の流れと時程

教習車のイラスト

卒業検定を受けるには、まず第二段階の「みきわめ」に合格をしなければいけません。

 みきわめに合格したら、受付に行き卒業検定の申し込みをしましょう。

 

検定を実施する日はあらかじめ教習所ごとに決められています。

運転にブランクが出ないように、なるべく早めに受けるようにしましょう。

 

なお、卒業検定では路上を走るため仮免許が必要です。

仮免許の期限内がギリギリの人は気を付けてください。

 

卒業検定当日の持ち物

印鑑のイラスト

  • 印鑑(忘れてしまっても、書類を書けばOKとなるようですが面倒です)
  • メガネやコンタクトレンズ(必要な方は必ず)
  • 収入証紙代(金額は卒検説明の紙に記入されています)

収入証紙は、自分の住んでいる県と教習所のある県が違う場合には購入しても意味がありません。

その収入証紙は免許センターで試験を受ける時に必要になるものなので、卒業検定当日には利用しません。

 

その他、教習所から指定された場合も忘れないようにしましょう。

 

卒業検定当日の流れ

僕が卒検を受けた日の時間で書きますのであくまでも参考までに

※人数が多い場合は時間が長くなる可能性があります。

 

8:30 教習所集合(時間厳守)

この時間に遅れてしまうと、検定を受けさせてもらえないでしょう。

余裕を持って教習所につくように家を出ましょう。

 

ちなみに、僕が卒業検定を受けたときの受験者はATが6人MTが3人合計9人でした。

 

8:40 卒検の説明開始

卒検の説明は、

  • 当日走るコース
  • 方向転換、縦列駐車の中から実施する試験の説明
  • 検定時の注意点

このような説明が30分ちょっとありました。

卒業検定では、自主経路は行わないのでコースを覚える必要は全くありません。

 

僕が通っていた教習所では、卒業検定の路上のコースは3種類あり検定当日に発表されました。

 

教習所内では左または右の方向転換・縦列駐車の中から1つを指定され行うことになります。

 

どれになってもいいように、手順はしっかり復習しておきましょう。

(方向転換と縦列駐車はPart14を参照)

www.amisaka.com

僕が検定を受けたこの日は、左の方向転換を行いました。

左の方向転換は、運転席から内輪差が分かりにくく少し難しいですかね。

 

9:30 検定開始

卒業検定のコースのスタート地点が教習所から少し離れたところだったので、教官の運転でスタート地点まで向かいました。

 

卒業検定も、修了検定と同じように後部座席に教習生が乗っての運転になります。

僕は3番目だったので、教習所のバスに乗って待機していました。

 

自分の番が来たら、教習車に乗り込むところから検定は始まります。

手順通りに発進して教官の指示のもと走ります。

途中で一度、「停車可能な場所で停車してください」という停車の指示があります。

 

停車禁止の場所は気を付けて、速やかに停車しましょう。

駐停車禁止場所はPart12で紹介しています。

www.amisaka.com

停車の際はサイドブレーキを引き、AT車であればP(パーキング)・MT車であればN(ニュートラル)にギアを変えてエンジンは切りません。

※運転を交代する際にはエンジンを切って駐車してください。

 

停車が完了すれば、再び発進の合図を教官がしてくれるはずなので安全確認をしてから手順通りに発進しましょう。

 

路上での検定で特に気を付けることは、

  • 進路変更時などの後方の安全確認・巻き込み確認
  • 制限速度を守る
  • 歩行者の保護・信号のない交差点では歩行者が優先

これらの点を意識しておきましょう。

 

そして、卒業検定ではコースを間違えたとしても検定中止にはなりませんし減点にもなりません。

教官が元のコースに戻れるよう指示を出してくれます。

もちろん、元のコースに戻るまでも採点の対象となるので落ち着いて運転しましょう。

 

僕は、特に何事もなくゴール地点まで着くことができました。

※ゴール地点に着いて駐車した後、車から降りる所までが検定です。

 

時間としては1人15分ぐらいずつかかりました。

 

10:50 所内検定

路上での検定が終わると所内に戻り、次に左か右の方向転換縦列駐車を行います。

先ほど書いたように、僕の時は左の方向転換でした。

 

最初に説明を受けると思いますが、切り返しは3回までしかできません。

4回目の切り返しをした時点で検定中止で不合格となります。

 

3回目までの切り返しでも減点はありますが、ポールに車をぶつけてしまってもアウトなので丁寧に操作しましょう。

 

さすがに数十分かけるのは良くないとは思いますが、時間制限は設定されていません。

ゆっくり丁寧に運転しましょう。

 

僕は1回の切り返しで方向転換することができました。

おそらく1回目の切り返しでは減点がないはずなので、切り返し1回までで出れるようにしましょう。

 

11:20 検定が全て終了

所内検定も1人5分ぐらいで終わると思います。

そのため、路上検定と合わせて1人20分ぐらいしか運転をしません。

 

運転を交代したり採点したりする時間もあるので、3人で1時間とはなりませんが結構あっという間に終わってしまいます。

 

そこからは合格発表まで待機です。

 

11:40 合格発表

受験のイラスト「合格発表掲示板」

この日に受けた受験者は全員合格でした。

僕が通う教習所では、合格率は平均で85%ぐらいと聞いていたので安心しました。

 

卒業検定に合格すれば、後は書類をもらって卒業式を行うだけです。

書類の準備があるため、一度解散してお昼休憩となりました。

 

不合格になってしまった人は、次の検定を受ける前に一度補習としての教習を受けなければいけないので受付に行き申し込みを行います。

 

13:30 合格者のみ再集合

形式上の卒業式を3分ぐらいで行い、あとは書類の確認をする時間です。

本免学科試験を受けるために、

  • 運転免許申請書
  • 卒業証明書
  • 住民票(入校時に提出したもの)
  • 質問票

これらの書類は免許センターで提出するため間違いがないか確認しましょう。

 

それと、教習所に関してのアンケートがあるかもしれません。

 

14:00 解散

教習所を卒業して、本免学科試験を合格してから運転免許を交付されます。

その期限は十分にありますがなるべく早く受けに行くようにしましょう。

 

期限を過ぎてしまうとそれまでの教習は無効となり、また一から教習を受けなければいけません。

 

ちなみに、集合から解散までは休憩を含めて5時間半でした。

 

本免学科試験の流れと時程

本免学科試験は免許センターで受けることが出来ます。

 

教習所でもらった卒業証明書があれば、技能試験は免除となるため学科試験のみとなります。

 

住民票に記載されている住所の都道府県、つまり自分が住んでいる都道府県の免許センターでしか試験を受けることができないので注意しましょう。

 

※免許センターによっては抽出試験を行っているところがあります。

抽出試験は、学科試験を受けに来た人の中から数人が技能試験を受けるというものです。おそらく教習所の卒検を合格したときに説明があると思います。)

 

この抽出試験の合否に関係なく、学科試験に合格すれば免許を受けとることが出来るようです。

 

本免学科試験当日の持ち物

住民票のイラスト

免許センターで受ける本免学科試験の持ち物は、

  • 運転免許申請書(受験料分の収入証紙を貼った状態)
  • 卒業証明証
  • 住民票(発行から6か月以内のもの、教習所から返されたものでもよい)
  • 質問票
  • メガネ、コンタクトレンズ
  • 交付手数料(収入証紙を免許センターで買う)

これらを忘れないようにしましょう。

筆記用具は、使用するものを免許センターが用意していてそれしか使えないという場合もあります。

ただ、一応鉛筆ぐらいは持って行って方が良いと思います。

 

本免学科試験当日の流れ

路線バスのイラスト

まず注意してほしいのは、免許センターは比較的駅から遠いためバスを利用する人が多いと思います。

しかし免許センターには、免許の更新に来る人が車に乗って訪れることがほとんどのため、免許センター行きのバスは本数は多くありません。

 

そのため、前日までにバスの時刻表を確認しておきましょう。

本免学科試験の受付時間もあまり長くないので気を付けましょう。

 

僕は千葉県に住んでいるため流山免許センターで受験しました。

流山免許センターの場合、本免学科試験の受付は2階にあります。

 

免許センターに着くと、先に交付手数料の収入証紙を買うように言われると思いますので忘れずに買いましょう。

 

申し込みの書類の書き方も教えてもらえますので、もし不明な点があったら余裕をもって免許センターに行って聞くようにしましょう。

 

9:00 試験の説明

まず、席に着くと免許取得についての確認書類を記入することになると思います。

説明が始まる前に記入をして大丈夫なので、書いておきましょう。

 

(平日に試験を受けに行ったため、その日普通自動車の学科試験を受けた人数は19人でした)

 

そのあとマークシートに受験番号や名前など記入していきます。

説明を聞きながら書いていきましょう。

 

9:30 試験開始

本免学科試験は50分間です。

問題は90問のため、ほとんどの人は時間が余ると思いますが見直しをしっかりと行いましょう。

 

10:50 合格発表

合格発表の時間は人数によって早まることもあるみたいなので、最低でも5分前には合格発表する場所の周りにいたほうが良いです。

 

(流山免許センターの食堂と売店は閉店していました。コンビニも少し遠いためご飯を変える場所はありませんでした。)

 

電光掲示板で合格発表が行われます。

受験者が19人で合格者は17人でした。

僕は一発で合格しました。

 

不合格になってもすぐに帰らずに次の受験のために説明を聞く必要があります。

免許センターの方から指示があります。

 

10:55 適性検査

眼科の検査のイラスト(健康診断)

適性検査では視力検査色の色別検査を行います。

そこまで精密にやるわけではなく、全て見えていれば30秒もかからずに終わってしまいます。

 

11:10 申請の書類提出

視力などに問題がなければ、申請書に交付手数料の収入証紙を貼り提出します。

 

11:20 写真撮影

証明写真のイラスト(男性)

免許証の写真は、あまり写りが良くないっていう話をよく聞くと思います。

その理由は、速攻で写真を撮るからです。

 

椅子に座ったらすぐに撮って、すぐに終わります。

写真の確認は免許ができた状態になって初めて確認することになるので仕方がありません。

 

11:30 交通安全協会の話

f:id:solodays:20181127120944j:plain

免許証ができるまでの時間に交通安全協会の人から話を聞きます。

その話は簡単に言うと、

交通事故が多い

→交通安全教室を行ったり、交通安全のグッズを配布している。

→活動資金を寄付してくれ

というようなものです。

 

都道府県によってその金額は異なるかもしれませんが、千葉県の会費は年間500円です。次の免許更新までの3年間で1500円払う必要があります。

 

ただし、これは「任意」です。

交通安全協会の人も「任意」としっかり言っていました。

入りたい人は名前や住所などを書いた紙と1500円を渡しに行きます。

 

僕は何となく払いましたが、その場にいた20人ぐらいのうち5人しか入会していませんでした。

これは、入る必要はありませんし入って得することもほぼありません。

入るメリットは先ほどの画像のものをもらえることです。

あくまでも寄付です。

 

年間500円を寄付するようなことなので、払ってもいいと思えば払ってもいいですがほとんどの人は入りません。

 

12:00 免許の交付

f:id:solodays:20190622115324j:plain

免許が作成されたら受け取って終わりです。

これで、最初の1年間は初心者マークを付ける必要がありますが車を自由に運転できます。

車を運転する際には必ず保険に入ってからにしましょう)

 

免許取得からすでに半年以上たちましたが、僕はまだ自分の車を購入していません。

父の車で公道ではないところを少し運転させてもらったぐらいです。

やっぱり慣れるまでは怖いです。

そのうち、車でいろんなところに出かけてブログに挙げていきたいと思います

 

全17回の「自動車教習日記」終了です。

今回で、全17回の教習日記最後となりました。

 

何度も書かせていただきましたが、教習所や免許センターによっても流れや日程は変わってきます。

ただ、参考にはなると思いますので目を通していただけると幸いです。

 

最後に、これまでの自動車教習日記をまとめた記事をあげましたので見てみてください。

www.amisaka.com

それでは、皆さんの教習・運転する日々がかけがえのないものとなりますように...