さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

大学1年生の自動車教習日記 Part16「高速シミュレータ、高速教習、自主経路」教官がいるので不安は不要

スポンサーリンク

前回の教習(Part15)はこちら

www.amisaka.com


今回は、高速シミュレータ高速教習自主経路の教習について説明していきます。

 

僕が通っていた教習所では、自主経路教習と高速教習がまとめられていました。

自主経路教習と高速教習は別々に行われるところもあるので、教習所で話を聞きましょう。

 

 

高速シミュレータでは何をするのか?

高速シミュレータでは、前回(Part15で)紹介した急制動シミュレータと同じように複数教習となります。

1つの機械で交代しながら運転することになるはずです。

高速シミュレータはATのシミュレータで行われると思います。

 

そのシミュレータの内容は、

高速に乗って合流をして高速道路を走行するというもので、運転の操作よりも高速に乗って走るという流れを理解しておくという意図で行われます。

そのため、うまく運転することよりも流れを覚えることを意識しておきましょう。

 

高速シミュレータで気をつけるのは

  • トンネル
  • 駐車している車

この2点です。

 

高速シミュレータで、高速道路の路側帯に止まっている車の影からは大体人が飛び出してきます。

予め車線変更をするなどして近づかないようにしましょう。

 

そして、トンネルを出ると強い横風にハンドルを取られるので注意しましょう。

高速シミュレータでは、高速道路を運転するときに気を付けておかなければいけないことがたくさん出てきます。

 

実際に高速道路で危険なことが起きるかどうかは分かりませんが、もしもの時のために頭に入れておきましょう。

 

自主経路教習・高速教習は緊張しますが、すぐに終わってしまいます。

高速道路のイラスト

自分の通う教習所では、高速教習と自主経路を同時に行いました。

(※高速教習と自主経路を別で行う場合もありますので、その場合は高速教習だけ参考にしてください)

 

そして、高速教習はMT車で行われました。

MTで免許を取る人でも、高速教習はAT車で運転することが多いと聞いていたので驚きましたが、MT車だからと言って高速教習が難しくなることはありません。

慣れていないAT車よりもMT車の方が運転しやすいかもしれません。

 

高速教習では、2人以上での教習が必須となります。

高速教習は3時間連続の教習となりますが、教習では1人で3時間以上連続して運転することができないからです。

 

僕の時は教習の予約をした時点で3人いましたが、1人がドタキャンをしてしまい2人での教習となりました。

もし、もう1人の人もキャンセルとなってしまえば教習は中止になってしまいます。

 

3時間の教習の内訳は

自主経路→高速教習→自主経路となっていました。

教習所から高速道路までのルートが自主経路になっているということです。

 

1人1回ずつ、高速道路へ入って合流・高速道路から降りるということをそれぞれするため何回も運転を交代していくというシステムでした。

(※教習所によってやり方が違います。あくまでもこれは一例です)

 

高速までの行き帰りは自主経路という話だったので、教習所でもらった地図をある程度頭にいれましたが、ほとんど教官の方が指示してくれました。

今は大体どんな車でもカーナビはついていますし、地図を覚えて運転するということはないからでしょう。

 

ここからは教習の流れに沿って紹介していきます。

運転の交代が複数回あるため、もう1人のひとをAさんと表記します。

 

まずは、僕が運転席に乗り教習所から高速道路の入り口へ向けて走っていきます。

 

教習所と高速道路の入り口のちょうど真ん中ぐらいの場所でAさんと運転を交代しました。

 料金所のイラスト

Aさんはそのまま高速道路に入ります。

一般レーンを通り高速道路に入りました。

 

そこから20kmぐらい走り、高速道路をおりてから一般道で運転を交代しました。

20kmは長いと思うかもしれませんが、高速道路では渋滞や速度規制が無ければ100キロを出すように言われます。それも練習の1つです。

遅くても80キロを超えての運転となるでしょう。

そうなると、20kmはあっという間に終わってしまいます。

 

というわけで、そこからは僕が運転する番です。

高速道路をおりたところのすぐ近くで運転を交代して、今度はETCレーンを通って高速道路に入りました。

 

合流のときは、道路が空いていたのでスムーズに合流できました。

車線変更も教官が指示してくれたのでほとんど3車線ある道路の真ん中を走っていました。

  サービスエリア・道の駅のイラスト

途中で10分間のトイレ休憩を挟みましたが、

高速道路~サービスエリアは減速する分の道路が短く速度を早めに落とす必要があります。

 

サービスエリア~高速道路は加速車線が短いので、早めに加速を心がけましょう。

 

高速を下りたら自主経路になりましたが、また教官がほとんど教えてくれたので迷うことはありませんでした。

途中でAさんと運転を交代して、そこから教習所まではAさんの運転で教習所に帰りました。

 

教習所に着いたら、すぐに解散して終わりです。

自主経路・高速教習・自主経路という3時間連続の教習でしたが、あっという間に終わってしまいました。

 

高速教習は道路が空いているときの方が楽なので、できれば連休や祝日を避けて予約することをオススメします。

 

高速道路は80~100キロの速さで走るので速度は速いですが、車線からはみ出さないようにだけ注意すれば大丈夫です。

慌てずに一定の速度で走ることを意識していれば心配ありません。

 

終わりに、「次はもう卒業検定」

次はみきわめになると思います。

そこからは卒業検定・免許センターで本免学科試験に合格すれば免許を取得できます。

 

もうここまで合格していれば大変なことはありません。

教習期限が切れないように気を付けて免許を取ってしまいましょう。

 

自動車教習日記Part17はこちら

www.amisaka.com