さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

大学1年生の自動車教習日記 part17 「高速シミュレータ、高速教習、自主経路」

スポンサーリンク

前回の教習(Part17)はこちら

www.amisaka.com

 

今回は、高速シミュレータと高速教習、自主経路の紹介をしていきます。

 

自分が通う教習所では、高速教習と自主経路教習をまとめて行います。

 

 

高速シミュレータ

高速シミュレータは、前回紹介した急制動シミュレータと同じように1つの機械で交代しながら運転します。

 

高速シミュレータはATのシミュレータで行われます。

 

内容は、高速に乗って合流をして高速道路を走行するというもので、運転の操作よりも高速に乗って走るということをどういう風におこなうのか知っておくという意図で行われるため楽です。

 

気をつけるのは

  • トンネル
  • 駐車している車

この2点です。

 

シミュレータで、高速道路に止まっている車の影からは大体人が飛び出してきます。

近づかないようにしましょう。

 

あとは、トンネルを出ると強い横風にハンドルを取られるので注意しましょう。

 

自主経路、高速教習

高速道路のイラスト

自分の通う教習所では、高速教習と自主経路を同時に行います。

(高速教習と自主経路を別で行う場合もありますので、その場合は高速教習しか参考にならないと思いますが参考にしてください)

 

それに、MT車で教習を行いました。

 

ほとんどの教習所では、AT,MTに関わらずAT車で行われているため少し驚きました。

 

それでは、教習の内容について説明していきます。

 

自分のときは2人での教習だったので、そのパターンで説明します。

(運転の交代が何回かあるため、もう1人のひとをAさんとします)

 

高速までの行き帰りは自主経路という話だったので教習所でもらった地図をある程度頭にいれましたが、教官が全部指示してくれたので必要ありませんでした。(教官によって対応は違います)

 

まずは、自分が運転席に乗り教習所と高速道路の入り口の中間地点の辺りまで運転しました。

 料金所のイラスト

そこでAさんと運転を交代して、

Aさんは高速道路の入り口まで行き一般レーンを通って高速道路に乗りました。

 

そこから20kmぐらい走って高速道路をおりました。

 

次は自分の番です。

 

高速道路をおりたところのすぐ近くで運転を交代して、今度はETCレーンを通って高速道路に入りました。

 

ETCのバーは結構開くのが遅いのでドキドキしました。

 

合流のときは、道路がすいていたのでスムーズに合流できました。

 

車線変更も教官が指示してくれたのでほとんど3車線の真ん中を走っていました。

  サービスエリア・道の駅のイラスト

途中で10分間のトイレ休憩を挟みましたが、サービスエリアから高速道路に入るときの加速車線は短いので合流よりも緊張します。

 

高速を下りたら、また教官の指示通りに走行して、途中でAさんと運転を交代しました。

 

そこからは教習所までAさんだったので暇でしたね。昼ごはん何を食べようかと考えてました(笑)

 

教習所に着いたら、すぐに解散して終わりです。

 

高速教習はすいているときの方が楽なので、できれば連休を避けて予約することをオススメします。

 

高速道路は結局80~100キロの速さで走るだけなので速いですが、車線からはみ出さないようにだけ注意すれば大丈夫です。

 

慌てずに一定の速度で走ることを意識してください。

高速教習頑張ってください!

 

Part18(教習日記最後の記事)はこちら

www.amisaka.com