さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

「血管迷走神経反射」とは? 僕は採血が苦手です!【体験談も紹介】

スポンサーリンク

皆さんのなかに、採血をするときに気分が悪くなって倒れてしまうというかたはいますか?

 

 キャップの付いた注射器のイラスト

 

その他にもプロ野球の審判の敷田さんが、

試合中にボールが当たって

時間がたってから倒れてしまったということもありました。

 

これもこの後紹介する「血管迷走神経反射」によって起きました。

 

自分は採血が苦手です。

まだ人生で1回しかやってないですが

 

その事についても、これから紹介します。

 

「血管迷走神経反射」という言葉を聞いたことはありますか?

 

自分は18歳にして、はじめて聞きました。

 

自分の場合は血液やそういう類いの話を聞くと気分が悪くなり、倒れてしまいます

 

血液などが苦手な人はここから見るの大変だと思いますけど、ぜひそういう方にみて欲しいです。

※同じような体験をしているかたには気分が悪くならないようにして、最後まで読んでいただけると幸いです

 

 

血管迷走神経反射とは

血管迷走神経反射とは

 

何らかの要因によって

血管の拡張がおこり、心拍数の低下を招きます

 

症状

  • 顔面蒼白
  • あくび
  • 冷や汗
  • 血圧低下
  • 嘔吐
  • 意識喪失
  • 痙攣など

その他にもさまざまな症状を引き起こします。

 

誘発の要因

採血

一番起こりやすいのは採血時で、

針の痛みや血管の痛みによって症状を引き起こします。

 

又、針を刺すことに対する恐怖感、緊張感、睡眠不足によっても起こります。

 

そのほとんどは採血中に起こりますが、

まれに採血をした30分後に起こるというケースもみられています。

 

その他のケース
  • 過度なストレス
  • 強い痛み
  • 電車で立ちっぱなしのとき
  • 朝礼で立っているとき
  • 激しい腹痛のあと

 

先ほど紹介した敷田さんのケースは

強い痛みに当たります。

「いつもご苦労様です」

 

予防法

 

強い痛みや激しい腹痛のあとの場合は

1回だけしか血管迷走神経反射を経験しない

という場合もありますが、

 

採血の時に症状が出てしまう人は、

採血を避けて行くことは非常に難しいので、

しっかりと予防することが大切です。

 

  • 前日にしっかりと睡眠をとる
  • 採血のときにリラックスをする
  • 水分補給を忘れない

採血のときにリラックスしろと言われてもできないと思います。

 

自分もそうなので

そのため、睡眠はしっかりととっていくことで症状の緩和は望めます。

 

対処方法

 

「横になる」

「しゃがみこむ」

 

この2つです

 

採血の前に気分が悪くなることを伝えておくことで、

病院であれば採血後にすぐに横になれるようにベッドを用意してくれます。

 

そのときには、足をあげておくことをオススメします。

 

気分が悪くなったなと思ったら、しゃがみこんだり座ったりしてください。

 

倒れてしまうと怪我をするおそれがあります。

 

自分の「血管迷走神経反射」の体験談

 

自分が血管迷走神経反射を誘発する要因となったのは

 

小学1年生の時に、料理の手伝いをしているときに

 

包丁の使い方を誤って

指を切り血を流してしまいました

 

書いてるだけで頭に血が回らなくなります。

 

このときのことは、はっきりと覚えています。

 

忘れられればいいんですが、

そう簡単には忘れられません。

 

その後から「血管迷走神経反射」の症状が出始めました。

 

予防接種

今は、予防接種はさすがになれましたが

小学生の時は、予防接種された直後に

「ふらふらして目の前がぼやけて見える」という症状が出たのが多分最初です。

 

これが血管迷走神経反射だと分かったのは

大学入学前でした。

 

歯医者での麻酔

これは今でも苦手です

乳歯や親知らずを抜くときに麻酔の注射を歯茎に打ちますよね。

 

辛くてたまりません

 

いつも顔面蒼白で呼吸が荒くなるので、

歯科医の先生にめちゃくちゃ励まされます。

 

小学生でもないのに、歯を抜くだけでそんなになるのは本当に恥ずかしい。

 

中学校の生物の授業

これも結構辛いんですよ

 

生物の授業の「人体」について学ぶときです。

 

血液だったり臓器だったり

あとは、生物の先生ってそういう血液の類いの話を平気でするんですよね。

 

呼吸も荒く、座っているのも辛くなって

保健室につれてかれる

3回ぐらいあったと思います。

 

血液とかの話のときに呼吸が荒くなっていたり、つらそうな人がいたら声をかけてあげてください。

 

それだけで気分が楽になります。

 

ご協力お願いします

 

採血

本当に採血は嫌いです

もう二度とやりたくない

 

採血をするというだけで、不安も緊張もあり予防接種でもふらつくレベルなので倒れるだろうとは思っていました。

 

案の定、採血中から気分が悪くなり立ち上がれませんでした。

 

そのため、ベッドをかりて20分ぐらい横にならせてもらい

何とか回復しましたが、

もうやりたくありません

 

採血って何であんなに時間がかかるんだろう

 

大学の健康診断

まさか、大学の健康診断で採血をするとは思っていませんでした。

 

入学前の健康診断で、採血がある学校とない学校があるみたいで、

運悪く自分の大学は採血がありました。

 

健康診断のために体育館の前にならんでいると、

健康診断の内容がメガホンで伝えられました。

「血液検査もあります」

 

それを聞いた瞬間、気分が悪くなってきました。

 

ふらつきはじめましたが、頑張って乗り切ろうと耐えました

 

でも、無理でした

 

気づいたときには地面に倒れこんでました。

 

顔を地面に打ちつけて顔に傷もでき、

車イスを持ってきてもらい大学の保健室に運ばれました。

 

そのときに、はじめて「血管迷走神経反射」という言葉を聞きました。

 

大学の健康診断では、

無理して血液検査を受ける必要はないということだったので

 

血液検査で倒れてしまう可能性がある人は、無理をせずに

気分が悪くなってしまうということわ伝えれば、向こうの人も分かってくれますので

心配しないで大丈夫です。

 

終わりに

「血管迷走神経反射」という症状は経験をした人でないとわかりません。

 

注射の歳などに気になる場合には

お医者さんや保健の方などに必ず伝えるようにしましょう。

 

無理をするとどんどん悪化してしまいます。