さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

【センター試験当日の服装は制服?私服?】僕は私服で行くことをオススメします。

スポンサーリンク

ブログに命を燃やしてます!

どうも、あみさかです

 

僕は2018年の1月にセンター試験を受験しました。

 

センター試験が近づくと、

「センター試験って制服で行くの?それとも私服で行くの」

という疑問を持つかたがたくさんいて、このような質問が増えますね。

 

ネットで調べて見ると、

「現役生は制服で行くべきだ」

「既卒生も居るから私服でいい」

 

などと、さまざまな回答が出てきてしまいさらに困惑すると思います。

 

僕は私服でセンター試験を受けに行き、皆さんにも私服をオススメします。

 

というわけで、私服をオススメする理由私服の際の注意点などを紹介します。

これからセンター試験を受ける受験生の方に参考にしていただけると幸いです。

 

 

私服と制服どちらが多いのか

 試験を受ける人のイラスト(男性)

僕もセンター試験前に、服装については凄く悩みました。

 

僕が見た限りでは、ネット上で「制服で行くべきだという方が多数派」でした。

 

そのため制服で試験を受けに行こうと思っていたのですが、

親には「センター試験は私服で行くものでしょ」

と言われ分からなくなります。

 

高校でも、友達に聞くと「私服派」「制服派」がそれぞれいました。

色々と悩んだ末に、温度調節がしやすいという理由で私服で行くことにしました。

 

実際に僕が行ったセンター試験の会場では、

9:1ぐらいの割合で圧倒的に私服の人が多かったです。

 

他の人の記事で

「制服を来ていけば周囲から浮かないですむ」

 

という何の根拠も無いことを書いている人が居ましたが、

僕が試験を受けた会場では、制服を着ている人がほとんどいなかったので制服を着ている人は浮いていました

 

※もちろん試験会場によってその割合は異なります

 

テスト・受験のイラスト「試験中の男子学生」

もちろん、服装の指定は特にないので制服を着ていっても大丈夫です。

ちなみに私立大学の一般入試で制服を着ている人は見ませんでした。

 

私服で行くメリット

僕は、試験を受けにいくときに私服で行くことをおすすめします。

 

私服で試験を受けるメリットは2つあります。

1つ目:「体温調節がしやすい」

 

センター試験は1月に行われるため、天気が良かったとしてもかなり寒いです。

私服であれば重ね着をすることもでき、体温調節がしやすくなります。

 

試験会場によって暖房の強さ(会場の暖かさ)も違うため、対応しやすくなります。

 

 

2つ目:「動きやすい」

 

制服だと腕を曲げたりするなどの動きが窮屈になりがちです。

制服の中に着込んでしまうと、より動きにくくなってしまいます。

 

ゆったりとした動きやすい服装にしておいた方が、試験に集中できるはずです。

 

私服で行くときの注意点

しかし、私服を着ていく際には注意が必要です。

英字の入った服は禁止されています。

クラスTシャツのイラスト

英語の試験の時に英字の入った服を着ていると、試験が始まる前に脱がされてしまう可能性があります。

 

実際に、英字の服を注意されている人がいました。

上着に英字がプリントされていたため、上着を脱いで試験を受けていました。

 

※英字の書いてあるTシャツを着て、その上に上着を着るというのは全く問題ありません。

 

そして、英字の書いてあると服を椅子の背もたれに掛けるのも禁止です。

後ろの人から英字が見えてしまうからです。

 

もしダメな点があれば、試験の担当者が試験開始前に声をかけてくれると思います。

不正行為とならないよう注意しておきましょう。

 

まとめ

「服装は大した問題じゃない」

 

僕は私服で行くことをオススメしましたが、受験生の人は試験を受けることが目的です。

他人の服装なんてそんなに気にしていません。

 

試験の時に他人の服装ばかりしている人は試験で良い点数を取れません(僕みたいに)

 

  • 「私服と言われても、着ていく服がない」
  • 「どんな服を着ていこうか全然決まらない」

という人は制服でいっても全然問題ありません。

 

実際のところどっちでもいいんです。

 

それが直接試験の点数には関わることはありませんし、推薦入試と違って服装は何の評価にもなりません

 

センター試験の服装はさくっと決めてしまいましょう。

 

センター試験頑張って下さい

一般入試を受ける方も頑張って下さい

僭越ながら応援させていただきます!

 

こちらは、受験生の方にぜひ読んで欲しい記事です。

www.amisaka.com

 

それでは、皆さんの大学受験がかけがえのないものとなりますように...