さよなら無気力な日々よ

無気力→活動的へ、自由気ままに書くブログ   毎朝7時に記事をあげています。

大学1年生の自動車教習日記 part11 「修了検定」「仮免許学科試験」

スポンサーリンク

前回の教習(Part10)はこちら

www.amisaka.com

 

こんにちは

やっと教習の折り返し地点です。

 

今回で第一段階が終わります

 

修了検定は1日がかりで行われることが多いと思います。

 

自分の通う教習所では、

(記憶が曖昧ですが)

 

9:00

集合

 

9:00~10:00

修了検定のコースなどの説明

 

10:00~11:00

修了検定

 

11:00~11:30

修了検定の合格発表

仮免許学科試験の説明

 

12:30~13:30

仮免許学科試験(学科試験の説明や名前の書き込み時間を含む)

 

14:00

仮免許学科試験の合格発表

 

14:00~14:30

仮免許の手続きの書類記入と

第2段階の説明

 

お昼休憩の時間を含めて

5時間から6時間ぐらいかかりました。

 

教習所によって修了検定の流れなどが異なりますのであくまでも参考程度にご覧下さい

 

 

修了検定のコースなどの説明

 

最初にその日に修了検定を受ける人が集まり、いくつかのグループに分けられます

 

修了検定では他の教習生を乗せて走る決まりになっているので(公平を期すため)3人か4人のグループに分けられ、

修了検定のコースを伝えられます。

 

このコースは覚える必要はなく、教官からどこで曲がるかなどの指示があります

 

その後に、検定の注意点やどんなことが減点、又は検定中止になるのかを伝えられます。

 

修了検定

 

教習車のイラスト

 

一通り説明が終わると、早速検定が始まります。

 

この後も適宜指示がありますのでしっかり話を聞きましょう。

 

順番は先程決められたグループの中で決まっていて、

一人目は検定で、二人目は後部座席にのります。

 

それ以外の人は建物内で待機になると思います。

 

次に二人目が検定で、三人目が後部座席という風に回っていきます。

 

検定のコースまでは覚えていませんが、項目は

 

直線で40km/hを出す

クランク

S字

坂道発進

障害物への対応

踏切の通過

信号のある交差点の通行

見通しの悪い交差点の通行

左に寄って駐車

 

たくさんありますが、検定は一人当たり10かからないで終わります。

 

あっという間に終わってしまいます。

 

特に、クランクやS字は緊張して失敗してしまう人も多く、ポールにぶつけたら検定中止になってしまうので注意して通行しましょう。

 

もし、ぶつかりそうになっても切り返しを行うことで少しの減点ですむので落ち着いて対応しましょう。

 

自分は大きなミスはなかったですが、最後にシフトレバーをリバースにして駐車(MT車だけ)するのを忘れてしまいました。

もったいなかったです。

 

皆さんは最後まで気を抜かないようにしてください。

 

 

修了検定の合格発表・仮免許学科試験の説明 

 

修了検定の合格者は電光掲示板で発表されました。

合格の人は自分の番号が光るというシステムです。

 

その日は11人が検定を受けていて、全員合格でした。

 

修了検定が終わると次は仮免許学科試験です。

 

合格した人には仮免許学科試験の集合時間が告げられて、昼休憩になりました。

 

仮免許学科試験

 

試験を受ける人のイラスト(男性)

 

一時間程の休憩を挟み、教習所に集合して仮免許学科試験が始まります。

 

まずは名前などをマークシートにマークをしていき、

試験を受けます

 

仮免前効果測定よりは少し難しかったと思いましたが、問題自体は同じパターンで

問題文の言い回しが変わったという感じですね

 

仮免許学科試験の合格発表

 

試験を受けた日は、その日に修了検定を合格した人が11人とあと仮免許学科試験だけの人が2人いて、全員で13人いました。

 

仮免許学科試験だけを受けに来た人は、その前の修了検定以前に、

修了検定は合格したけれど、仮免許学科試験には不合格になってしまった人だと思います。

(予定があって仮免許学科試験を受ける時間がなかったという可能性もありますが)

 

そのため仮免許学科試験は合格率が少し低いのだと思います。

 

その日は13人中11人が合格しました

 

時間をかけて問題を読みましょう。

焦って問題文の大事なところを見落としてしまうかもしれません。

 

仮免許の手続きの書類記入・第2段階の説明

 

合格の人は手続きのために、教室に行き

不合格になってしまった人は受付に行くということになり

 

自分は教室に行きました。

 

一発で修了検定と仮免許学科試験を合格しました。

 

そこでは仮免許の申請のための書類を書きました。

 

その際に印鑑が必要になります

修了検定の受付の時に印鑑が必要と言われます。

忘れずに持って行きましょう

 

その後に第2段階の教習の流れや説明を受けて解散となります。

 

その日から第2段階の学科教習は受けることが出来るようになりましたが、

疲れたのですぐに帰りました。

 

技能教習は仮免許が必要なため、当日に受けることは出来ません

 

修了検定が終わり、仮免許をとることができたら次はいよいよ路上教習です。

 

修了検定が合格できれば、路上に出ることを認められたということなので自信をもって運転しましょう。

 

Part12(第2段階)はこちら

www.amisaka.com